敵が嫌がることをやる

Pocket
LINEで送る

昨日の日記は 匿名とは言え
プライドが高い人にとっては
あまり知られたくないような
やり取り(証)だと思うので

書いて良かったのかなぁ と
思いましたが しかし
示されて書いているからには
神様の御心がありました

記事にして明るみに出したことで
そこに光が当てられたようです

結論から言ってしまえば
言うべきじゃないかなぁ と
思うことはこの世の気遣いです

しかし この世の気遣い以上に
言うことや書くことで
素晴らしいことが起きるが故の
敵の妨害だということに
昨日の日記を書いたことで気付きました

本人は神様からだ!と思っているけど
話を聞いていると あれ?それは
神様からのものじゃないぞ?と
感じる時に それを言うか言わないかは
当然ながら まず相手を選びます

今は時期じゃないというだけで
先々 神様との関係性のの中で
自ら選び取れるようになるから
言わなくていい ということも多いです

しかし その人自身がインフルエンサー
(発言力や影響力が高い人)の場合や
神様が その人にはあなたから
言って欲しいと示される場合

神様から迫られる思いを
与えられる時は 祈りに祈った上で
伝えるようにしています

以前 自分が神様の示しを
頂くときは 自分の思いと違っても
そっちのが良いに決まってる!と
飛び付くのだけど

人に伝えるときは 嫌だなぁと
思うときほど言った方がよく
素晴らしいことだから伝えようと
思うときほど伝わらなくて
感覚間違えてるから祈らないと

と 書いたのですが
その答えが正にこれだったのです

敵の妨害が多ければ多いほど
言うのが嫌だと思ってしまう
ただ単にそれだけのことで
私はそこに対してもっと
確信を持って神様を賛美しつつ
喜んで伝えるべきだったのだ

ということに気が付きました

逆に 伝える邪魔がない時は
影響力がない というか
言うことで良い結果が
出ないときだから
敵が邪魔をしないだけなのです

なんだ そういうことかー!と
気付くと同時に 自分の弱さが
どういうものか教えてもらえたことと
祈りに答えて知恵を下さったことに
本当に 心から感謝をしました

そして この記事を書くときに
更に加えて示されたことがあります

それは

もし 本当に神様に全てを
明け渡した人であれば
人にとっては恥で非常識だと
思えるような証こそに
力があることを知る

もし これを書いて当事者が読んだら
不愉快に思うかな と思ったなら
それは相手が神様により悔い改めることが
出来ないのではないかという
尊敬とは逆の感情だと示されました

そして この事に私が気付くことを
敵が物凄い嫌がっていて
この記事を書くことを
邪魔したがっていることを
今 肌で感じています

しかしわかってしまったからには
もう神様の勝利以外に有り得ません

神様により私の弱さが
覆い隠されることを心から感謝し
栄光をお返しします\(^o^)/✨

神様は 本当に私たちに
この国を下さろうとしている
その事にも 本当に感謝します❤️

Pocket
LINEで送る