力あるものに頼る

Pocket
LINEで送る

また2週間ぶりの更新となってしまいました

この間 神様からヨシュア記を読むように
示されたり とても辛い証とともに
神様の御心を示されたりしたのですが

一番大きな示しは 偶像崇拝をしながら
神様が言うことと大差ないじゃないかと
いう意見についての示しでした

先日 どなたの投稿だったかは忘れましたが
モーセが予防医学の父と言われている
という記事を読みました

聖書以外の古典的な本や経典に書かれている
医療的なことは どれもまじないレベルだけど
聖書に書かれていることはどれも
医学的に正しいことであることが
わかっているそうで 特にモーセを通して
人々に示された律法は 予防医学的に
大変優れた内容なのだそうです

聖書の神様が この世の全てを
創られた方であることが
よくわかる話であるわけですが

神様がいて この世の恵みがあると
感謝して受け取るなら その心の
背景には神様の霊が宿ります

しかし 自分達が発見しただとか
神様以外の霊により教えられただとか
思うものの心には 背後に盗み壊すものの
霊が宿ることになります

聖書に書いてあることと似たような
或いは同じような教えだという主張に対しても

私たちが自分の力でやったという
主張に対しても 神様は
盗んでいる と表現されるわけです

ではどう見分ければいいの という
話によくなるのですが
本物か偽物かを見分けようとする前に

それが純正品なのか 模造品なのか
という話であるということを
理解しなければ会話にならないと
突然 示されたのです

たとえ同じ教えのように見えても
神様から受け取るなら純正品であり
そこには保障もサポートもついてくるけど

模造品ならどんなに見た目が同じでも
何の保障もサポートもない
というだけの話なのです

巧妙な模造品を見分けることは不可能ですし
例えば「神は愛」ということを
敵が言ったとしてそれが真理か模造品かを
見極めることは人には不可能です

(相手が何者か知っていれば
サタンの試みにあわれたイエスさまのように
全てを否定することは可能ではありますが
相手を見分ける賜物が全ての人に
与えられているわけではありませんし
賜物を用いるには訓練が必要です)

また 人が「神は愛」と言ったとして
その背後の霊が何かを知ることも
人には不可能なのです

(一応言うと 聖霊の賜物により
見分けることは出来ますが それは
全ての人に与えられていないし
賜物があっても用いなければ
見分けられませんから
人には出来ない と表現しています)

ですが 見分ける必要など全くなくて
ただ 出所を知る必要があるだけなのです

自分が何を頼りにしているのかの
背景を知り 心を神様に向けることは
本当に大切だなぁと思いました

最近 霊的な背景が神様からでは
ないながらも とても真摯に
受け止めるべきだと
感じることがあったのですが

鵜呑みにしてしまうと破壊と混乱が
わかりやすく入り込んで来てしまうので
神様に全てをお渡しして聖めて頂き
神様から受け取りなおすというのが
本当に大切だと感じています

Pocket
LINEで送る