弱さを明け渡す

Pocket
LINEで送る

今日は 自分の思わぬ弱点に
気付かされる日となりました

当然のことながら
今の自分になるまでには
様々な経験をしています

気質自体は 子どもの頃から
全く変わっていないように思いますが

その気質でもって様々な出来事にぶつかり
その経験が 物事を判断する
自分自身の土台となっていきますが

「判断」これが自由な発想を妨げる
ジャッジ(場合によっては裁き)の
癖となってしまっているのです

soccer-1520875_960_720

弱さの根

判断基準は自分自身の気質なので
自分の気質+出来事=判断基準
という図式が出来上がります

これは自分自身に縛られている とも言えます

クリスチャンになり
イエスさまにより自由を手に入れ
自分自身の発想の地境を広げたいと思うなら

自分自身の気質というものを
折らなければなりません

特に 弱いところについては
完全に明け渡し 神様に栄光を
現して頂く必要がある

弱いところというのは大抵
その弱さを覆い隠すための
仮面を付けてしまっています

子どもの頃なら 怖いと思ったら
泣いたり攻撃したり逃げたりと
素直な防御反応が出たことでしょう

girl-421651_960_720

弱さは守るのではなく誇るところ

その時に もし神様との関係が
出来ているなら

神様が 大丈夫 私が一緒にいると
共に乗り越えてくれることを
体験することが出来たはずです

しかし 神様を知らずにいた時には

間違えた対処をしてしまうことが
多々あるわけです

特に弱いところに関しては
神様に頼るよりも 自分が身に着けてしまった
防御の方法に頼ってしまうことが多くなる

ですが 以前書いたことがありますけど
弱さというのは神様に明け渡して
神様に栄光を現して頂くことが出来る
とても素晴らしい「素地」なのです

第二コリント人への手紙12章9-10節
しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、
わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。
ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、
むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。

ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に
甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです。

love-699480_960_720

自分の弱点

防御をしている時というのは
神に頼らず自分自身の方法に頼っている時です

そして その防衛が外に向けば攻撃となります

今日 私が気付いた思わぬ弱点というのは
弱い人が突然思わぬ攻撃をしてきた時に
上手く対応が出来ない ということでした

それは 相手の弱さがわかるからです

相手がなぜそういう行動に出るのか
理解は出来るのです

しかしそれは大変理不尽で 周囲を傷つけます

もし良い親がいる環境下で
子どもが怖がって泣いて暴れているのであれば
親が止めてくれるかもしれません(殴られつつ…

しかし 大人になってもそれをやっている人を
どう受け止めればいいのか全くわからないのです

killer-820017_960_720

弱点への間違えた対応

わからないし 理不尽なので
基本 私は避けてしまいます

でも 避けられない人もいるのです

そして最近の私が唯一「悩んでしまう」のが

もろに被害を被ってしまう人が
疲弊していくのを見ても
どうにも出来ないことなのです

何故唯一なのかというと

大抵のことは神様に委ねるのに
この件だけ何故か それが出来なかったのです

許すことも出来なければ
祈ることも出来ない

それで気が付いたのですが

私は 身近な人がゴミを投げ捨てたら
きちんとしなさいと教えることはしても

本人が目の前にいる時は
代わりに自分で拾って捨てることは
決してしないタイプだったのです

cigarette-731208_960_720

本人がいない時に気付いた時は捨てますが
本人がいるなら絶対に本人にやらせます

そして拾った後に必ず本人に注意をします

外で同じことをやるようなら
本人が恥をかくことですから
徹底的に言い続けます

自分のこの「こだわり」が
自分を不自由にしているのだな

と いうことに気が付きました

神様が変えたかったこと

私は長く この件について
自分を変えてくださいと祈っていましたが

結論 その祈りは聴いてくださいませんでした(苦笑

気質自体は変える必要がなく
自分でジャッジをする前に
きちんと神様に委ねる方向へと
促されました

自分の判断で使うのではなく
神様に用いて頂くように ということです

しかし実はこれ

クリスチャンになってすぐの頃は
きちんと委ねることが出来ていたのです

なんで最近は出来なくなっていたのだろう?
と思いましたが

以前は 避けて安全な場所で遠くから
祈っていたことに気付きました

安全な場所で自分が守られている状態で
祈っていたのです

knight-1062126_960_720

目の前 大変身近なところで起きた場合
冷静に対処出来なくなっていただけでした

正に 自分の弱さを痛感した出来事でしたが

逆を言うと その体験が出来るほどには
成長したということかもしれません

そして面白かったのが
自分がそのことに気付いた時に
バイトから返ってきたりゅうくんが

「自分の思い込みで制限かけてたことに
気付いたんだよー」と言ってきたことです

自分が変われば人が変わる

こういったことは同時進行で
起こるものだとは感じていましたけど

今回はもしかしたら
りゅうくんが気付いたことの恩恵を
私が受けたのかもしれませんね

Pocket
LINEで送る

弱さを明け渡す” への1件のフィードバック

現在コメントは受け付けていません。