神が赦されているもの

Pocket
LINEで送る

今日はりゅうくんの出勤時間がとても遅かったので
昼間に前橋にある画材屋さんに行きましたが

一番買いたいと思っていたワトソン紙という
少し黄色味のある紙が置いておらず
仕方なく 白い水彩紙を少しと
水溶性色鉛筆を少しだけ買い足してきました

行ってみると 裏の駐車場に見覚えがあり
免許取り立ての頃によく来ていたことを
思い出しましたが 25年以上前なので
流石に中の様子などは全く覚えがなく
当時と変わっているかどうかもわからず
新しい場所に来たように感じました

しかしふと 高崎駅の中にあった
今はもう潰れてしまった画材屋さんには
紙の種類が豊富で 狭い店舗の中で天井まで
たくさんの紙が置かれていたなぁと思い出し
少し残念に思いました

今回探していたのはB6サイズでしたが
ポストカードサイズとB5やA4はあるのに
B6サイズはなくなってしまっていました
(メーカーがもう作っていないようです)

本屋に立ち寄ると 絵手紙や塗り絵の本や
紙と画材のセットがたくさん売っており
その殆どはポストカードサイズなので
今はこういうニーズで買う人の方が
多いのだろうな と思いました

高校を卒業してからパソコンを買ったのは
絵を描くためでしたが 私の場合は
パソコンで描く線があまり好きではなく
結局アナログに戻ってしまいました

しかしパソコンで仕事をしはじめてからは
画材屋に行く機会も減り 以前住んでいた
ひばりヶ丘でも駅前の画材屋さんが
住んでいるうちに潰れてしまいました

完全になくなることはないでしょうが
大変な業界だな と思いました

今日は QTを通して神様から
罪を犯した人に対する完全な赦しについて
示されたような気がしました

私は結構 弱いものの味方をしてしまいがちで
弱いものいじめを見るとどうしても
裁く思いが出てしまうのですが

イエスさまを信じ 悔い改めたものは
日々の大小様々な 自覚するしないに
関係なく 全ての罪をイエスさまが
背負ってくださる というところに立ち

自分自身が罪を犯さない自由を
しっかりと掴んで離さないことが
何より大切なことだと改めて思いました

そう自分の心に言い聞かせた直後に
りゅうくんが 以前よく利用していた
神様から離れるように示されたものに
また引っ張られていることに気付きました

それは 絵を描く上で自分の中で最も
大きなネックとなっていることでもあり
神様に堅く立つ という中でこの事と
どう向かっていけば良いのか若干
神様に叫びたい気持ちになりましたが

完璧でなくても進むしかないんだよな
という思いが与えられたので
経験しながら成長するという方向で
神様に期待をすることにしました

根に何があるのかわかりませんが
光を当てて頂けるよう祈ります

Pocket
LINEで送る