母へのサプライズ

Pocket
LINEで送る

去年までは 母の誕生日や母の日には
母からあれが欲しいこれが欲しいと
リクエストがあったのですが

今年は特に何も言われなかったので
こちらもリクエストは聞かずに
サプライズを用意することにしました

そのうち食事についてだけは
早めに予告をしておいたのですが
誕生日当日の10/30の夜と
土曜日の昼間ならどちらが良い?
と聞くと 昼間の方が良いというので
りゅうくんが休みだった今日に
予定をいれていました

ところがりゅうくんが 前日が23時から
朝8時まで出勤で 土曜日も20時から
出勤になってしまいました

りゅうくんの寝る時間がないけど
構わないというので 予定通りに
ランチをすることにしました

予約の時にサプライズの段取りをして
足が悪いので段差のない席でと
お願いをしておきましたが
この様なお願いをしても快く
聞いて貰えるのは嬉しいなと思いました

お店は家から徒歩3分ぐらいなので
りゅうくんにはぎりぎりまで寝てもらい
私ひとりで母を迎えに行きました

りゅうくんとはお店で12時丁度に
合流したのですが 人気店である上に
土日もランチをしているので
その時間には既に長蛇の列でした

メインのお料理のうち グリル料理の
季節限定品は既に品切になっており
もっと早く予約しないとだったのかと
ちょっとびっくりしましたが

ともあれ全員 思い思いのメインと
ドルチェを注文し まずはメイン料理を
皆で分け合って食べました

お食事が終わると ドルチェプレートに
メッセージと花火が添えられ出てきました

勿論サプライズなので 母はびっくりですが
花火が消える前に!とまずは写真を撮りました

それからりゅうくんと 小さな声でですが
ハッピーバースデーを歌うと
あなたたちが小さな頃からプレゼントは
貰っていたけれど こんな風に
お誕生日を祝って貰ったのは初めてだと
泣き出してしまいました

そして 敗血症で死にかけた時は なんで
生きちゃったのだろうって思ったけど
こういう幸せを体験しなさいって
ことだったんだね と言ってくれました

リハビリの時はずっと死にたい死にたいと
言っていたのを励ましていたのですが
ここまでの回復が神様によって
与えられたことに感謝すると共に
こっちまで貰い泣きしてしまいました

その後 行きたいというお店を数軒
休憩を挟みつつ移動していると
土曜日で道が混んでいたこともあって
りゅうくんのお弁当の準備をしないと
間に合わない時間になってしまいました

お弁当を買ってりゅうくんを家に
置いていこうか と話をしていると
母が りゅうくんが出勤した後に
送ってくれるので構わないと
言ってくれたので スーパーで
食材を買い込んで家でみんなで
夕飯を食べることにしました

それでも結構ぎりぎりだったので
大急ぎで夕飯とお弁当の用意をして
短い時間で夕飯を済ませると

雨が降っていたのでりゅうくんを
車で職場に送り届けつつ
母を家まで送り届けました

買い物もいくつか残っていましたが
誕生日プレゼントの一環で
先日行った整体院を予約したので
その時にしてもらうことにしましたが

それでも家に戻ってきたのは22時近くで
目一杯の1日だったなぁと思いました

りゅうくんも途中車の中で少し
寝ていたとは言え 完全に寝不足だし
大変な1日でしたが 神様が絶対に
報いてくださる!と言いながら
1日を乗り切ることが出来たことに
感謝しつつ 明日はゆっくり
休ませてもらおうと思いましたが

神様なくしては この様に愛を
流すことは出来ないので 本当に
全てを神様に感謝します✨

Pocket
LINEで送る