りゅうくんを通して貰う平安

Pocket
LINEで送る

昨夜はりゅうくんが24時出勤だったのですが
終わる頃には雨が降っていたので迎えに行きました

朝食をとってからりゅうくんは寝るわけですが
私は起きたばかりなので何かしらしたいわけですが
私があまり動いているとりゅうくんは不満げなので

(起きていればそんな我が儘は言いませんが
寝ているからこそ本音が出てしまうのです)

起きているうちに回していた洗濯物だけ干して
あとは物音を立てないように過ごしていました

お祈りをしたり 調べ事をしたり 本を読んだり
静かにでも何かしら出来ることはあるものの
家事は結構な音が出るため出来ません

食器洗いは夜でもいいのですが 洗濯は
遅い時間だとご近所迷惑になってしまうので
時間配分を考えないとな と思いました

6~7時間経ち もう充分寝ただろうと起こして
食事を作り 引っ越しの片付けを一緒にしました

今までならだらだら寝てしまっていたけど
きちんと動けるから良い と喜ばれました

食事をして少し休んでから 買い物に行き
帰って来てからやっと残りの家事をしましたが
その時間にりゅうくんが物語を書き始めたので
とても良い感じだな と思いました

出勤の準備を始めた頃に りゅうくんが
ハグをしてくれたのですが その時に
神様が 余計な心配はせずにわたしに任せて
あなたは自分の心と体をきちんと守ることに
専念しなさい と語られたように感じました

祈っても祈っても 得られなかった平安が
その時にはじめてきちんと受け取れることが出来て

神様は りゅうくんを通して私に必要なものを
流してくださるのだと感じました

というより 私一人での平安ではなくて
人を通しての平安であることに
意味があるのだろうと思います

神様のくださる回復に本当に感謝します✨

Pocket
LINEで送る