神様だけに望みを置ける恵み

Pocket
LINEで送る

昨日 親戚の家に行き話をしている中で
母が 最近生きていてよかったと
思えるようになってきたということを
言っていたことを思い出しました

肩の荷が降りた感じがしたのは
この発言のお陰だったと思い至りました

勿論 重荷は全て神様に捧げることで
手放すべきものではあるのですが
そうは言っても 神様により選ばれており
自分にしか出来ない事というものがあります

勿論 母は神様を信じたわけではなく
本質的な部分について全く変わっていませんが
神様の愛は 本人が知る知らないに関わらず
全ての人に注がれているもので
敵への同意を止めて 神様のみ心を
受け取れるようになることは素晴らしいことです

また 肩の荷が降りたためだと思いますが
今まで 自分の賜物を生きるために
利用してきてしまったことについて
深く悔い改める思いが与えられました

クリスチャンになる前には
生きるために仕方がなかったと
思っていた全ての事柄で
クリスチャンになってからは
やろうと思っても出来なくなったことです

神様に全てを明け渡して癒してもらえるように
マイナスをプラスに出来る神様に
助けてもらえるようにと祈りました

神様のみ恵みは悪人にも注がれており
神様を知る機会が与えられることも
悔い改めることが出来るのも ただ恵みです

神様だけに望みを置いて
生きることが出来るのは
本当に幸いなことです

自分に死ぬことが出来ることは
最も大きな恵みであると感じます
それはとても難しいことだからです

この様な思いを頂けることに
本当に感謝します♥️

Pocket
LINEで送る