起きた出来事を神様の目線で見る

Pocket
LINEで送る

りゅうくんがまた物語の続きを
書いてくれたのですが そこにも
私が神様に語りかけ続けていたことが
そのままに書かれていました

更には 会社で起きた出来事すらも
正確な霊的描写が描かれており
私が職場で何をしているのかが
はっきりと理解出来ました

始め その描写は私にとっては
自分は何てとんでもないことを
しているのかと思うものでしたが

りゅうくんが 澄子は彼等が
求めていることを正確に描写しただけだ
と教えてくれたので

とんでもないことを考えていた人に
それはとんでもないことですよ と
物凄く柔らかい表現で教えたことに
丁度心当たりがあったので

そうか この話は会社での
あの出来事を現していたのか と
理解が出来たのです

しかし面白かったのは
それにより救出されたのは
会社とは関係がないはずの
りゅうくんでした

一瞬 会社のあの人のことかな?と
思う人がいたのですが
その物語の続きを読むとそれは
間違えなくりゅうくんのことでした

神様の目を通してでなければ
絶対にわからないような事ばかりで
本当に面白いなぁと思いました

Pocket
LINEで送る