結婚の時

Pocket
LINEで送る

先週末に会社で起きたちょっとした出来事は
まるで何事もなかったかのように終息し
神様がなさることはスマートだなぁと
本当に 心から感謝をしました

今日もまた りゅうくんが物語を
書いて送ってくれたのですが
今回の出来事は 代々続く呪いの
打ち破りの為のものだと
明確に示されており それは
私たちの結婚のこと自体をも意味します

また 私が数ヶ月前にりゅうくんから
預言的に受け取った城壁というものが
何を意味しているのかもわかりました

人の法律的には勿論私とりゅうくんは
既に結婚をしていますが
今神様の目から見た本当の意味での
結婚の時に来ているのかもしれません

その事を考える時に 胸がとても痛むので
やはり私の内に残っている何かがあり
その刺が抜かれようとしているのだろう
ということを感じています

実は先日 指に刺が刺さったのですが
りゅうくんが これが抜けることを
印としてくださいという祈り方をしました

私は 印という表現が何となく嫌でしたが
しかし その刺が今日になり取れました

奥の方に入っていた刺が表面に出て来て
そのまま取れるかな?と思っていたのですが
それ以上は動く気配がなく
ちょっと引っ張ったら皮ごと取れました

神様はその時 私はあなたが
出来るところまでの準備をするが
最後はあなたが協力して完了させる

というニュアンスのことを示されました

癒しは 私がそれを受け取ると
決意をして受け取るものだと
感じたので 神様が見せてくださる
印をしっかり見ていたいと思いました

Pocket
LINEで送る