悪いものに同意しない恵み

Pocket
LINEで送る

深夜 りゅうくんが物凄い広範囲に
ごろごろと転がっていたので
朝に 昨夜はどうしたの?と聞くと

悪夢を見たけどイエスさまの御名で
出ていけって命令したらおさまった
と言いました

どんな悪夢だったのかについては
別に聞くつもりはなかったのですが
会社で違う部署に行けと言われる夢だったそうで
それが悪夢だというところに
彼らしさを感じ 思わず笑ってしまいました

先日のカラーボックス全損を受けて
部屋の模様換えを考えているのですが
今日は 他にも夏休み中にこんなことを
したいな という思いが与えられ
それらについて具体的に考える日となりました

問題点と方向性について話をすると
それに対してどのようにアクションを
するべきかが神様から示されたので
神様の引いたレールの上を
歩いているような安心感を感じました

その中でも いくつかの選択肢があり
あまり負担にならない方を選びたいと
思っていたのですが それについては
私の思いはあまり関係がない形で
道が決まっていきました

また 朝の件もそうでしたがりゅうくんは
明日にちょっとした試練となることがあるので
若干霊的に荒れていたのですが

神様に りゅうくんが悪いものに同意した
ことを言うのを聞くのは嫌だし
そんな状態のりゅうくんとは
決して会話をしたくないです と
強く祈っていると りゅうくんが
落ち着いてくれたので感謝しました

良いものを奪うものに対して
同意しないことを選ぶことが
出来るようになったことに
本当に感謝します

Pocket
LINEで送る