神様だけに頼る

歴代誌を読み進めています
前半は 史実が並ぶので
読むのがとても大変だったのですが

後半になるにつれて 列王記に
概要だけ書かれていたことについて
神様の目線に立って詳細に
書かれている箇所がいくつもあり

そしてそれが自分にとっての
今の課題であり また恐らく
地にある間 永遠に続く
課題であると感じました

続きを読む

神様の情熱

申命記 ヨシュア記 士師記と
読み進めていますが
以前はこの辺りを読むにも
とても辛かったのですが

今は全くの平常心で
読むことが出来るようになり
ただ史実を追う感じだったのが
詳細まで意識が向くようになりました

続きを読む

神様と御使いと関係性の回復

敵の嘘を自分の思いだと信じ切っている人は
それを正当化する嘘を囁かれれば
喜んで外に拡散します

本人は良いことだと思い込んでいるし
自分は正しいと思い込んでいますし
それは神様から来たものだと信じています

何より それはある程度の表面的な
一時的な結果を伴い
人々に称賛されることも多くある

と いうより 人の称賛を求め
人に認められようと行動する時に
その罠に陥るという方がいいかもしれません

この世の君は 今なお地において
支配者であると同時に
人の弱さや欲を知り尽くしているからです

続きを読む