神様が忌み嫌うもの

Pocket
LINEで送る

最近 人の努力は神様の良さに何も加えない
ということを思う機会が多かったのですが

努力で何かを掴めると思うことや
苦労を背負い喜ばすにいる状態
役に立たないなら価値がないというところに
人を押し込む考え方の背景に
宗教の霊という存在を示されました

神様は 私がそのようなものから
不快な思いをさせられることを
嫌がられていることを感じることがありました

明確に 宗教の霊という名を
示されたということは
それに対して出て行けと
命令をする時なんだろうな
とも思いました

イエスキリストの血潮により
宗教の霊が完全に縛られて
人々が神の怒りを買う前に
打ち砕かれることを祈ります

Pocket
LINEで送る