キリストの花嫁

Pocket
LINEで送る

あることについて 動くべきか否かと
思い巡らしていたことがありました

以前の自分であれば
どっちが正解だろう
どっちが神様の御心だろうという
考え方をしていたのですが

ふと 神様は私の心をご存知で
神様が為してくださるんだよね

という思いが与えられたので

思い悩むことを止めて
神様に委ねます と手放しました

そして帰宅すると それに対する
答えが届いていたので
喜んで先に進むことが出来ました

そうか こうやって進めばいいんだ

と思ったので あらゆることを
神様に委ねる祈りをしました

そこに至る過程において

りゅうくんが音読したり
メッセージで送ってきたりする
聖書箇所のうち とある3ヶ所が
最近 物凄く心に残っていたことが
自分にとって大きかったと感じるので
その事をシェアします

その箇所がどこかは書きませんが
(というのは 言葉で伝えると
間違えて捉えてしまう人がいそうなので)

その3ヶ所からそれぞれ私が感じたのは

神様の創られたものを
拝んではいけないけど
神様の創られたものを
喜ぶことは良いことだ

ということと

神様が自分自身に定められた
「魂の幸い」以上を求める心は悪であり

もし魂の幸いがないのに
何かのために(神様のために も含む)
何かを望むのは悪いことなんだな

ということ それから

悪から離れたいなら
悪を為す人から離れればいいし
悪を為す人の下にいたら
悪をせざるを得なくなるんだ

ということでした

魂に幸いを得るために
努力する必要はないな と思いました

神様により頼む以外に
魂の幸いなどないからです

神様が創られた自分を喜んで
生きることに勝る幸せはないし

自分の思うところが神様に
受け入れられる以上の幸せもありません

神様に喜ばれたいなら
神様により頼んで
神様に幸せにしてもらうことが
一番だな と思うと同時に

それが キリストの花嫁ってことか
と 思いました

Pocket
LINEで送る