豊かな森を育むために

Pocket
LINEで送る

暫くぶりになってしまいましたが
先週は 北八ヶ岳の苔の森ツアーに
参加して そこで神様が今の私たちに
伝えたいことを感じてきました

苔の森は 火山などで植物が
生えなくなった場所に出来ます

苔の土壌が出来ると 今度は
苔を土壌にして生えてくる木が育ち
その木が大きくなり 倒木となります

木が朽ちて土壌が出来はじめると
笹が生えてくるようになり
そうなると 日陰が増えてしまうので
苔は減っていきます

ところが笹が生えてくると 笹の根を食べに
鹿がやってきて 森を荒らしてしまうので
きちんと管理をしないと森は育たずに
裸の山になってしまうのだそうです

岩に土壌 と聞いてすぐに
イエスさまという岩の上に私たちは立っている
ということが思い浮かびました

はじめは何の邪魔もなく岩の上で
ただ神様を賛美する被造物たちが
楽しそうに生息しているのだけど

そのうち 人の管理なしには
次のステップに行けなくなる

今までは たた苔があるだけで
栄養もないから食べに来るような
害獣もいなかったのだけど

豊かな山に育っていくためには
さまざまな問題に立ち向かい
良き管理者とならなければいけない

その状況が 今の私たち というより
今のりゅうくんなんだろうな
という感じがすごくしました

私は多分 余計なゴミばかりを
投げ込まれて土壌の改善を通り越して
総入れ替えが必要だったんだろうな と
感じるのですが りゅうくんは
必要なものも何も与えられず(受け取らず)

汚されはしなかったものの
何の栄養もない状態で
ただ 美しいものがあって
でもそれがあることの意味も価値も
わからないままにいた

だけど これからは神様により
成長しなければならない

そういう時のように感じました

ふと そういえば神様は私たちを
どこか広い大地に植え替えると
示されていたけど 今の私たちは
きちんとどこかに植わってるのかな

と りゅうくんに言って
二人でお祈りをして聞いてみると

私は荒野の中に丁度私たちが
すっぽり入るぐらいの温泉を見付けて
ご機嫌になりながらと入っているという
ビジョンを見ました

ですが羊姿のりゅうくんは
神様に抱えられてその温泉で
ざばざばと洗われていました

りゅうくんが見たビジョンは
私はきちんと植えられているのだけど
りゅうくんは 根の先だけが地にあって
抜けかけているようだったそうで

私のビジョンと総合して
根を洗われて植えられる準備を
しているんだろうな と感じたそうです

そんな話をした翌日 りゅうくんは
とても大きな決断をする機会がありました

りゅうくんの成長のため

と 神様が示されて1年 やっと
それが形になるんだなぁという感じがする

ということを暫く前に書きましたが
やっと具体的になってきました

私のことについていうと
神様から 愛されていることに
心を閉ざさないで と示されているので
投げ遣りにならないように
気を付けないとなーと思っています

Pocket
LINEで送る