私の受ける報い

Pocket
LINEで送る

引き続き 大きな解放が与えられているのですが
神様が 悪いものを手放して立ち返るなら
その報いは大きい ということを示されました

報いが大きい という表現をすると
何か物理的な恵みのことを
思ってしまう人もいるかもしれませんが

神様が仰る報いとはそういうことではなく
手放したくなかった肉的な罪や不義を
神様のために手放したことに
対する報いのことです

もし 自分がそれを手放したのに
周囲の人が過去のままであったら
悪い霊は いつまでも自分の近くに
居座り続けることになります

ですが もし自分だけではなく
周囲の人のこともその罪や不義を
解放することが出来たとしたら

自分が得た解放の爽快感が
伝播していき 周囲の環境に
嫌な思いをしたり 巻き戻されたり
することはなくなります

周囲の人が頑なで 神様がまだその時期
その人たちを解放しないおつもりなら
距離を置くことになって

解放の恵みを受けとるに相応しい
人の元へと遣わされるのです

よく 解放された人は 他の人を
解放することが出来ると言いますが
違うんだな と感じました

もし 解放をする力を得るのなら
誰のことでも好きに解放出来るでしょう
しかし実際はそんなことはなく
解放されない人も出てくるわけですが

その時に 多くのケースで
解放されない人のことを傷つけます

であるとしたら それは神様ではなく
人がやっているのです

実際は 人を解放しているのではなく
神様が 解放される人の元へと
遣わされていくのです

過去の悪い私という種が
死ぬことを選び 死んだ時に
多くの実を神様が結んで
私のことを悪いものから守って
くださるのであり

刈り取りこそが 報いなのです

解放しに遣わされているのではなく
自分自身が実を結ぶ場所へと
導かれていって 自分が受けた解放の報いを
刈り取らせて頂くのです

私は 何かを食べて美味しいと思ったら
それを一緒に食べて 美味しいと
言ってくれる人がたくさん増えることを
幸せだと感じます

私が受ける報いは イエスさまの
パンとワインを受けて 一緒に
美味しいと言ってくれる人が
自分の周りにたくさん増えたら
幸せだと思うだろうな と思いました

Pocket
LINEで送る