半年を経た解き明かし

Pocket
LINEで送る

2週間ぶりの週報です

先週は 先々からやって欲しいと
言われつつ なかなか実現しなかった
会社の倉庫に残っていたものの
撮影をすることが出来ました

来月頭に 新しい化粧品や美容機器が
相次いでリリースされるため
会社全体がその方向へ向かっています

しかし古いものを出してしまわなければ
新しいものも入りませんので
もう主流ではない倉庫の在庫は
なるべく早く外に出してしまいたい

それを良い形で外に出せるように
色々と手配をしていて
前日までは 倉庫番のりゅうくんが
とても楽しみにしていたのですが

何故か撮影の当日になったら
物凄い態度が悪くなりました

そして 私に対してびっくりするような
暴言を吐いたのです

こちらはりゅうくんがやりたかったことが
出来るのだという思いも加わり
とても楽しみにしていたのに
一体何なんだ と思いましたが
はじめはスルーしようとしました

しかしその時に 神様から
怒るように促されたのです

無視をしようと思えば簡単に出来るような
私にとってはどうでもいいことで
びっくりはしたものの 別段
感情が動かされたわけではなかったのですが

何故怒っているのかを口に出して
説明をした途端に 自分でも驚く程
物凄い怒りの感情が溢れましたが
しかし それは長続きしませんでした

ただ その怒りを溜め込んでいたから
私の体調が悪くなっていたことは
物凄くよくわかりましたし

(一週間ぐらい経ってから)神様は
私が我慢してきた怒りを全て
外に出さなければいけないと
改めて示されました

その日は 母も体調を酷く崩して
急遽 薬を貰いに病院に行って欲しいと
連絡があり 私たちがやるべきことを
やろうと動き始めると いつもある
大きな邪魔の存在を感じましたが

さっさとやるべきことを終わらせて
病院経由で実家に行くと
母はとても安心して喜んでくれて

その姿を見たときに 敵が歯軋りして
悔しがっていることを感じました

神様は 邪魔者を私たちの足の下に
置くことを 私たちにやらせようと
しているのだなぁと感じて感謝をしました

この事は 私自身の主観ではそれ程
大層な事件でもなかったのですが
物凄く疲れを感じたし
神様が無理をしないよう示されたので
先週は日記にしなかったのですが

一週間して色々と見えたことがあったし
途中の水曜日に整体に行くと
あり得ないほど首が痛んでいると
言われたので 私が若い頃に苦しめられた
首の痛みと同じ根なんだなぁと思いました

また今週末にも りゅうくんの態度で
物凄い怒りの感情を掻き立てられるような
出来事があったのですが

神様に示されたことをりゅうくんに伝えると
その内容は 昨年末のカウンセリングアートで
示された絵の解き明かしであったそうです

半年経てやっと神様がりゅうくんに
示されていたことが明らかになり
これでやっと 夫婦でやる神様からの
召しにきちんと向かえるのかな
歯車が噛み合うのかな と思いました

またこの2週間で 先日示された
「神様が創られていない私の
優しさや憐れみの心」というのが
神様の召しから引き離そうとする
力で出来ていることを物凄く
強く感じる機会がたくさんありました

私の優しさや憐れみを引き出して
場を混乱させようとする力が
物凄い働いていたのですが

以前と比較にならないぐらい
はっきりとNoと示すことが出来て
それに対して罪悪感を感じることも
ありませんでした

勿論 煩わしさは感じましたが
それすらも気に止まらなく
なってきているので感謝ですが

自分の心の奥にまだ何か
膿のようなものがあるのを感じていました

しかし 今日の礼拝は正にその
膿を取り除くことに対する示しで
神様はなんて真実で誠実な方なのかと
本当に 心から感謝をしました

りゅうくんが物語を書くことが
私の建てあげになるということと
りゅうくんに剣が託されているという
神様の示しというのは

りゅうくんが私の膿を取り除くための
剣を振るうことを意味していたのです

そしてその剣は 時々
私に対してだけではなく
外の人のためにも用いられます

それが 内側から人を建てあげることになり
神様からの示しを忠実に行うなら
その報いは必ずあることが示されました

りゅうくんが 自分の成長のために
肉の努力をすることを手放して
神様の仕事を忠実にこなすことにより
引き上げられますよう どうかお祈りください

Pocket
LINEで送る