神様の御心

Pocket
LINEで送る

今週も 物凄く盛りだくさんの週でした

特に今週は 残すべきものと
捨てていくべきもの というものが
大きなテーマだったのかなと思います

実は毎年感じることなのですが
西暦の新年から 旧暦の新年に向かう
この一ヶ月間というのはいつも
その様なテーマになる気がしています

神様の方を向くと 何も既存の
文化を否定することはないという
感じなので そういうものと受け取りつつ

その背後には 日本を縛っている
霊的なものの存在があることも
感じつつではあります

しかし 自分が神様の方を向けば
その方向からのものが流れてくるので
文化を否定されない神様が
この状況を用いて何かをプラスに
してくださるのだと期待をしています

新しい方向へ行こうとする時というのは
必ず反対意見も出てくるものではありますが
その反対意見の本質を見極める必要があります

結果が大切なのではなく
心が大切であるということは
神様との向き合い方で一番深く
学んだ領域のことですが

自分自身が神様と密な関係の中で
学んだことを 神様を知らない人たちに
どの様にして伝えればいいのか
という課題を目の前にしつつ

しかしよくよく考えてみれば
どういう方向へと導くべきかという
指針がきちんとあり その方向性が
合致しているなんていうのは
そのこと自体が奇跡だよな と思いますし

それこそが 人が幸せになる
唯一の道なんだろうとも思います

人は神様により 神様の似姿に
創られたものであるわけですから
存在の土台が神様であり御国です

しかし今の世は アダムとエヴァが
罪をおかした時に神様から宣告された
判決文にが土台になっており
そこには希望がありません

ところがクリスチャンというのは
イエスさまと共に自分自身を
十字架にかけてしまった時から
アダムとエヴァの呪いに対して
死んだものとなっているのです

今週の一番の気付きはそれでした

何で因果から解放されて
神様の御恵みを受けられるのだろう?
と 不思議に思っていたのですけど

死んじゃったからなんだ!と
すとんと腑に落ちたのです

死んでいるというのはある意味
無敵だな と思いましたが
それは 神様という後ろ楯により
真実なのです

神様は 心をご覧になります
それが出来るのは神様だけですし
導くことが出来るのも神様だけであり

そして神様の関心事は 人の成長なのです

神様は 私たちを含めた地を
完全に 完璧に 素晴らしいものに
創造してくださいました

そこに必要なのは御心の現れです

御心が 天にあるように
地にも為されますように

私たち一人ひとりに為されますように

Pocket
LINEで送る