次のステップへ行く準備

Pocket
LINEで送る

今日も昨日に引き続き 母を整体院に
連れていくことになっていたので
本当は土曜出勤の日だったのですが
お休みを頂きました

また 冬用タイヤに替えるための
予約もしていたので 実家の物置から
タイヤを取ってくる必要もありました

りゅうくんの仕事が忙しく
朝8時過ぎに帰って来たのですが
朝の時間がない中で 一人で
タイヤを積み込む自信がなく
申し訳ないと思いつつ
着いてきてもらいました

移動中やタイヤを替える待ち時間は
寝ていてもらい 母と二人で
買い物なども済ませました

昼食を食べた後 整体院の
予約時間まで時間があったので
りゅうくんを家に送り届けると
母が行ってみたいというお店へ
行くことにしていたのですが

家に帰るとちょっとしたトラブルが
起きていたので その対処のため
ホームセンターにも立ち寄りました

そのトラブルというのは 新しいことに
向かう前の準備のように感じましたが
祈りながら対処をすると
ものの5分程度で解決しました

母を整体院に連れていき
灯油などを買って家に送り届け
自宅に戻ると もうりゅうくんが
夜勤にいく準備の時間でした

とてもよく眠れた と言うので
良かったと思いましたが
今日は出勤するよりも忙しくて
大変な1日だったなぁと思いました

夜になり 夜勤中のりゅうくんが
休憩時間になると 昨日話が途中に
なっていたことがあったのを思い出し
尋ねてみると 指摘をされたのに
スルーしてしまったということを
話していました

それが一度や二度ならともかく
パターンとなっていると感じたので
りゅうくんが 何を受け取り拒否して
いるのかの正体が見えました

神様から私たちに与えられるものは
レーマ 言葉であり知恵知識ですが
りゅうくんが拒否をするのは
その様なものだと気付いたのです

それを受け取り拒否することは
芽を出したい!と言いながら
水を拒否する種のようです

知識知識は神様から受けるだけではなく
人から継承されるものもあり
りゅうくんは そのどちらも
きちんと受け取っていないので

知の継承の循環にきちんと
参加をすることを意識して
もしそこに入ることに
抵抗があるならその原因を
恐れがあるならその恐れを
取り扱ってもらうように伝えました

りゅうくんに なかなか
飢え渇く思いが出ないのは
この辺りなんだろうなぁと思いつつ

自分の中にも同じように
思っているものがあるなら
神様に光を当てて貰えるよう
お祈りをしました

Pocket
LINEで送る