ご自身が創られたものを祝福する神

Pocket
LINEで送る

雅歌を読み直したい と思ったので
岩波訳を取り寄せていたのですが
それが届くと まずりゅうくんが
パラパラと中身を読んでいました

りゅうくんが夜勤に行った後に
ゆっくり読もうと本を開くと

その砕けた雰囲気にまずびっくりし
注釈の内容に更にびっくりしました

平たく言えば 全く違うのです

ですが 他の訳とは違って
人としての感情や反応を
物凄く素直に そのままに表現しており

男女の恋愛や性的な営みを
宗教儀式としてではなく
創られた方がそのままの姿を
祝福しているところが聖い

というニュアンスの解説を読んで
心から アーメンと思いました

そして 自分自身が過去に
先祖代々続くものや 親が知らずに
偶像と結んだ契約によって
どれだけ汚されていたのかということと

それを神様が完全な憐れみにより
拭い取ってくださったということを
深く実感しました

逆を言うと 赦されていることを
わかっているつもりでまだまだ
わかっていなかってなぁと思いました

聖書の恵みに心から感謝します♥️

Pocket
LINEで送る