新しい季節の幕開け

Pocket
LINEで送る

今日は 朝にいつも通りの時間に起きて
昨日仕込んでおいた食材を低温調理器で
温め始めながら支度をしていましたが

りゅうくんの出勤時間は何時だろうと
カレンダーを見ると 今日が振替休日であり
会社がお休みであることに気が付きました

りゅうくんが出勤なので 何の疑いもなく
私も普通に会社があると思い込んでおり
危うく人がいない事務所前で
途方にくれるところでしたが
気が付かせてくださった神様に感謝します

りゅうくんが布団を干すために
外にいたので窓際へ行って報告し
二人でゆっくりと食事をすることが出来て
本当に感謝をしました

土曜日の整体以降 溜まっていた疲れが
出てしまっており 食事を済ませると
私はすぐに寝てしまったのですが

起きるとりゅうくんが QTと物語を
送ってきてくれました

その物語は 私たちが親しんでいたものから
離れることを惜しむ描写がされていたのですが

離れる理由は 互いの未熟さの故であり
互いが熟するためには離れなければいけない
という内容で締め括られていました

今まで 物語の中で何か事が終わった時に
後ろ髪を引かれる描写がなんて一度も
なかったのに やっぱり今はそういう
時期だったんだね と言いました

半日寝てしまいましたが 折角のお休みだし
今日中にどうしても買いたいものがあり
駅前のテナントビルに行くことにしました

いつもフルーツたっぷりのケーキがあり
魅力に感じていた喫茶店に立ち寄り
ケーキとお茶を楽しみました

席に着くと 神様の愛と労りを強く感じ
涙が出る思いでしたが ケーキを食べ始めると
りゅうくんが 神さま口の回りに
クリームいっぱいつけて ケーキ頬張ってた

と言うので 本当に私たちは神様と家族として
いつも一緒にいるのだなぁ と深く実感しました

りゅうくんが食べ終わるのを待つ間に
QTをしたのですが またもや
あなたは遊び足りない と示されました

りゅうくんは 恐れず物語を書きなさいと
示され続けていますが 私も私で
遊べと言われ続けているなぁと思いました

また 私が恐れを感じていたことについては
私にではなくりゅうくんに それが
示されていたので やっぱり夫婦は
表裏一体なんだなぁと思いました

神様から啓示を受ける度に 気付かないうちに
自分が何かに捕らわれていたとわかり
解放されるので 本当に神様との時間は
何にも変えがたい時間であると感じます

しかし最近神様は 別にQTの時以外でも
わたしは語るよ と示されているので
関係性がまた変わる(深まる 近くなる)
ことを予感しています

神様の平安の中で憩うことが
全ての鍵であることを強く感じるのですが

遊ぶ ということは全てのことを
神様の平安の中で神様と共にする
遊びに変えてしまうことなのでは
ないかな と感じているので

家事をすることも 仕事をすることも
また人と話をしたり聖書を学ぶことも
全ての私たち夫婦の営みは神様に捧げられ
神様と共に行う遊びとなることを宣言します

全てのことが神様の平安の中で行われて
神様の栄光が現れますように祈ります♥️

Pocket
LINEで送る