自分の弱さと向き合う

Pocket
LINEで送る

今日は りゅうくんは2時間の残業で
帰って来れましたが しかし若干
寝不足気味なので 家から出て何かを
するという雰囲気ではありません

しかし 私は今日でなければ
出来ないこともあったので
礼拝動画を見た後は ひとりで
用事を済ませるために出掛けました

正直言うと 土日にりゅうくんが忙しいと
折角の休みなのにずっと家で寝ていて
つまらないな と思うのですが

流石に今週程の忙しさであると
寝かせないわけにもいかないので
仕方がありません

また 今が忙しい代わりに来週は
3連休がある(予定)らしいのですが
その時は私が昼間は仕事なので
結局入れ違いになってしまいます

とは言え 外で働くことで神様の愛を
外に向けて流すことは それはそれで
必要なことだと感じるので
神様に心を向けつつ 全てのことを
出来るようにしたいと思います

用事と買い物を済ませて帰り
りゅうくんを夜勤に送り出した後は
昨日やっていたことの続きを
少しやったのですが

仕事をするにしろ 絵を描くにしろ
いつも自分でやっている間は
質に全く納得がいっておらず

終わって振り向いてみると
思ったより良く出来ていた と
思うという傾向が強くあります

仕事については(それこそ場数でしょうが)
このぐらい出来ていれば上々 という
ラインがわかっており 出来ることと
出来ないことで線引きしているのですが

絵については 自分の見る目よりも
腕の方が圧倒的に劣っているので
やり終えた時にどうしても
不満が出てしまいます

だからと言って 手を加え過ぎれば
絵がダメになってしまうので
仕事における 良い意味での程々感の
ようなものを早く掴みたいと思いました

仕事については神様に委ねることで
悩むことは全くないのに 本当に
自分のことについては不器用だなぁと
思いつつですが 長年手を抜いて
向き合うことを避けていた部分なので

弱さに神様が栄光を現されることを期待し
示されたことに忠実であろうと思います

Pocket
LINEで送る