新たな祈り

Pocket
LINEで送る

今日はカホンの祭典 ハコフェスの当日です

朝に姉妹と一緒に礼拝動画を見て
最近の証などをシェアしあった後に
会場近くまで送り届けると 私とりゅうくんは
夕方の開演時間までフリーでした

私が姉妹を送る間にりゅうくんが
かなり家事を片付けてくれていたので
残りを一緒に片付けてから QTをすると

神様は ご自分の栄光のためだけではなく
神様が愛するものに特別に憐れみを
注がれる ということを強く示されました

それによって自分の中に 神様は
ご自身の素晴らしさを知らしめるために
奇跡を起こされると思っているところが
あることに気が付きました

しかし神様は ご自身を誇示したいから
奇跡を現されるわけではなく
ただ愛と憐れみを注いでくださるのです

その思い違いがあったから 私は
クリスチャンになってから 人に証を
することが出来ないような憐れみを
注がれることが多かったのか と思い

神様は本当に愛なる方であり
どんなにか私のことを愛して
くださっているのかと感謝をしました

夕方になり いよいよハコフェス本番です
カホンというのは 中に仕掛けがある
四角い木箱の上に座って叩く木の楽器ですが

オープニングでは 13人ものカホン奏者が
一糸乱れることなくカホンを演奏し
練習が大変そうだったのはこれの為かと
納得の 大変迫力のあるものでした

13人もの人が 同じリズムを全くぶれずに
演奏するという 一致の素晴らしさに
まず物凄く感動をしました

その後のプログラムも ゲストの歌手含めて
人を飽きさせない構成でしたし
何より 歌手も含めて奏者全員が本気で
楽しんでいる素晴らしいライブでした

ですが 歌手の歌う歌詞というのは
大変「この世」の若者らしい内容で

軽薄な社会に対する怒りや
何とか自分らしく生きようともがく姿
そして 寂しさを愛以外のもので
埋めることへの絶望のようなものを
とても感じる内容のものが殆んどでした

元々あまりテレビも見ず 自分が気に入った
ミュージシャンの音楽しか聞かない方で
クリスチャンになってからはヒルソングや
賛美歌以外全く聞かなくなりましたが

神様を知らずにもがき苦しみながら
生きているものの声 というのを
今までと全く違う立ち位置で聞いた時に

2つの意味で 涙が溢れました

ひとつは 私は若い頃に本当に
絶望で殺されてしまい この様に
自分の苦しみや怒りを声に出すことすら
諦めてしまっていた ということに対する涙

そしてもうひとつは この人たちには
神様がいない ということに対する涙でした

確かに好きなことを目一杯楽しんで
生き生きとしているのに 命がない

その事を もの凄く強く感じ
本物の救いを見ることが出来るよう
心から祈りました

またイベントの中盤では カホンを
作るメーカーさんのこだわりと
障害を持つ子どもがリハビリは嫌がるが
音楽が好きで カホンを叩くことは
喜んでやってくれるという姿を見て

カホンの可能を広げたいと 施設に
カホンを持って行っているというお話があり
ライブの最後には 実際に施設に
持っていっているという 膝に乗る
小さなカホンが配られみんなで叩きました

その後 大きなカホンもみんなで叩き
とても楽しい時間であったと共に

実は私は 音楽を取るか絵を取るかの
選択をした過去があったのですが
音楽の賜物はなかったから
絵を選んで正解だったな と思いました

フェスが終わってからは 家で
食事をしてから日帰り温泉に行き
小雨が降る中でしたが一部屋根もある
露天風呂でゆっくりと疲れを癒しました

全てに感謝をして 地域のためにも
カホンのためにも祈りました

Pocket
LINEで送る