私が喜び踊る時

Pocket
LINEで送る

今日のことについては 後日
詳細がわかってから書こうと思いますが

もしかしたら 私たちが全く
考えたことも思うこともしなかったような
方向に物事が動いたのかもしれない と
思うような1日となりました

心の準備も想定も全くしていなかったので
大慌てでりゅうくんに必要なものを
持ってきて貰い 準備をしたのですが

しかしその準備をしている時に
自分の霊的状況が以前の状態に
引き戻されていることを感じました

焦る思いが自分を以前の状態へと
引き戻していることを感じたので
すぐにりゅうくんに 祈って!と
お願いをするとすぐ落ち着きました

そして これから起こる全てを
神様の平安から出ることなく行えるように
改めて一緒に祈って貰いましたが

神様の平安に憩うことを覚えたために
ずれたときにすぐにこの様に
軌道修正が出来ることは本当に
感謝だなぁと深く実感しました

またりゅうくんはりゅうくんで
神様から祈りなさいと具体的に
示されていたことが目の前に
押し迫っているのを感じつつも
それを飲み込み切れずにいました

飲み込んではみたものの食道に詰まって
胃にまで落ち込んでない感じだから
きちんと腹に落とせるように祈って
と言われたので 一緒に祈ると今度は
りゅうくんの方が 心臓がドキドキして
落ち着かない と言い出しました

しかしそれは 私が先に感じていたものと
霊的背景は勿論 質も全く違う「神様のもの」で
それを見て私の方には深い平安が訪れました

りゅうくんは ドキドキするのは
自分の器が小さいからなので
器が大きくなるように祈って と言うので

神様の見ているまでに大きくなります!と
お祈りと宣言をしました

朝は忙しかったので 夜にりゅうくんが
出勤した後にQTをしたのですが

その時に神様から あなたは面白い
りゅうが翻弄され 人々が見て見ぬ振りを
出来ないようなものを見て安心するのだから

あなたは あなたが求めていたものを
わたしの内に見つけて喜び踊っています

あなたの望むものは全て良い 何故なら
それを満たせることが出来るのは
父の他にいないからです と示されました

神様のなさることにはいつも驚かされていると
思っていたのですが 神様からしてみると
私はその中で喜び踊るものだというのです

また 私の望むものは神様の他に
叶えることが出来る方はいない!とは
思っていましたが その故に
私の望むものは全て良いものだと
言って貰えていたのだとわかりました

ともあれ この後少し動くことが出るので
自分の思いで動くのではなく
神様の平安の中でイエスさまの後に
しっかりついていきたいと思います♥️

Pocket
LINEで送る