神様の恵みに期待する

Pocket
LINEで送る

昨日の続きです 旅行に行きたいと思い
りゅうくんと行く場所候補について
すこし話をしましたが

日帰りではなく宿泊でゆっくりしたい
という思いが与えられました

どうせなら温泉があるところがいいなと
近場で探しましたが どうもここだと
いう場所が見付からず 近県も調べると
小布施(宿泊は長野)に イメージに
物凄く近い宿を発見しました

小布施には子どもの頃に祖父と一緒に
行った思い出の地ですが その後なかなか
機会がなく 10数年前以上行きたいと
言い続けていたのです

東京に住んでいた時は長野まで200kmを
越える距離があったし 車も借りる必要があり
なかなか行き難かったですが

今いる場所からなら宿まで111km(!)で
東京に行くのと大差ありませんし
そこから小布施までも30分かかりません

りゅうくんに あの大きな栗を見せたい
ということはずっと話していたし
最近 長野の自然について話す機会があり
なんとなく ここだという思いがしたので
りゅうくんに 神様に聞いてみてと言うと
良いんじゃない という返事だったので
早速 りゅうくんの休みの日に予約をしました

食事の時に改めて この旅が
どういうものになるか神様に聞いてみてと
お願いしてみると りゅうくんにとっては
いがぐりのような ハリネズミの刺を
脱ぎ去る旅になると示されたようです

また みつかいの大行列を連れていく旅
というビジョンも見たそうなので
大きな打ち破りにも期待します♥️

私にとっては 古い思い出の地なので
新しい恵み りゅうくんとの思い出の地へと
記憶を上書き出来ることを楽しみにしています

私の内側に蓄積するべき必要の全てを
吸収してきたいと思います✨

Pocket
LINEで送る