神様の愛を受ける必要性

Pocket
LINEで送る

今日は 神様から取り次ぐ言葉について
どんなに言いにくいことでも
人の気遣いなどで組み換えてしまえば
奇跡は現れなくなる ということを示されました

りゅうくんが再三 言葉に足しても引いても
いけないと示されていますが それを再度
私にも示してくださるような形でした

しかしそれは 私がそれをやっている
という意味ではなく 奇跡が起きていない現場で
その様な組み換えが起きているんだよ
ということに目を開かせてくださった
という印象でした

確かに そういうところでは神様の言葉も
良い話だなーで終わってしまっているのです

そしてその事は 結果として
人を健全に育てるという面で
支障が出ることを示されました

神様が注ぐレーマにより人は成長するので
その言葉を気遣いなどで歪めれば
養われるべき人達の成長に問題が出る
ということだと思いました

実は最近 ある姉妹と教えることについて
話す機会があったので それに対して
教えてくださったように感じました

また 先日父親の件についてとりなした後
自分でも引き続き父について色々と
思い巡らしていたのですが

要するに私は 父に愛されたいのに
愛してくれないから自分が自分の理想の
父親のような存在になってやる
という反発をしてたのだなぁと思いました

その反発をどかせば 単純に
父に愛されたかった ということになりますが
父に愛を注がれなかったのでやっぱり
父親に愛されるというイメージが
全くわかないままであるわけです

その事をりゅうくんに話すと
僕がパパになると言うので
嬉しいながらも その為にはりゅうくんも
もっとたくさんパパの愛を
受けてほしいと思いました

またもうひとつ 悪いものの見分けの
ポイントについても教えてくださいました

それは 良いものを知らなければ
悪いものはわからない ということでした

また悪いものが悪く感じないのは
それと同質であるためだとも示されました

新しい良いものを知り
自分のチューニングをそれに
合わせていくことで 悪いものを
見分けることが出来るようになる

簡単に言えば神様に良いものを
たくさん注いで頂くしかないと思いました

Pocket
LINEで送る