示されたヒントにあるものを拾う

Pocket
LINEで送る

来月の準備の一貫で気になることがあり
調べたいと思い取り寄せた大量の古本が
昨日届いたので それらの本を読み始めました

ネットで調べようと思ったのですが
どうにも要領を得なかったのです

私たちは 神様から物語と絵を示されていますが
それをどういった手段でどこに向けて
発信していくかについては手探り状態です

先日 教会の姉妹から言われたことをヒントに
数ある手段の中からいくつかについて
調べたり 実際にネットで見たりしていますが
その中に ネットで調べても全く
わからないものがひとつあったのです

更に言うと本すらも どれを買えば
私が知りたいことが書いてあるのか
全くわからなかったので 引っ掛かりが
ありそうなタイトルの本は全て注文したので
(古本とは言え)5冊にもなってしまいました

どの本にも 私が知りたかったことの一部が
すこしずつ書いてある感じだったので
全部買って正解だったとは思いましたが

読み進めるうちに これはりゅうくんが
やりたいと言っていることを実現するのに
相応しいものなのではないかと感じました

先日神様にやんわりと それは違うと示されたのに
りゅうくんが止めることの出来なかった
ある技術の延長線上にあるものだったからです

その事をりゅうくんに伝えると
自分がやりたいことを実現する手段として
他の方法を考えていたらしいのですが
詳細に話を聞くと りゅうくんに
勘違いがあることに気付いたので

本に書いてある一節を用いて
あなたの望んでることはそっちではなく
こっちにあるよ と説明しました

表現したいことは一つであっても
それをどの様な形にするかについては
様々な選択肢があるので
今回取り寄せたものもそのうちの
ひとつに過ぎません

昔の自分であれば それらの技術のうちから
どれを学ぶかについて決める時は
その技術を用いてどんな仕事があるかだとか
技術の将来性や汎用性だとかを考えました

ですが 今回はそういったことも一切なく
神様がこっち と示される方向にありながら
自分たちの望みを実現しうるものを
選ぶ必要があります

技術を学ぶには時間がかかるので
あれもこれも と手を広げるのは難しいのですが
中には折角学んでも先々全く使えなくなったり
廃れていってしまうような技術もあります

ですが今回のものは とても広がりを感じたので
これで良いのではないかなぁと思いましたが

どうも 技術的なことについては(私たちについては)
これでいいですか!?と祈ったからといって
答えが得られるわけでもないみたいで
下手に これだと感じるからやります!
とか言ってしまうと何でもかんでも
応援されてしまうことを体験しています

しかし どんなに神様が応援してくださっても
様々な問題が起きて進まなくなってしまうことが
物凄く多かったので 神様は私たちが
やりたいと思うことは全てやらせてくださるけど
必ずしもそれが道であるとは限らない
ということを感じています

というより やりたい!と願ったことは
きちんとやり遂げることも出来るのだけど
そこに神様の栄光が現れたか?と言ったら

神様の愛はものすごーく現れたけど
栄光はどうなんだろう と思ってしまうのです

しかし先日姉妹から示された方向性は
出来れば避けたい そっちに行きたくないと
思っていたことですし そもそもで
今まで神様が明確に示された方向性というのは
自分だったら絶対に選択しないことばかりでした

自分的には有り得ないけど神様が言うならと
従って行く時には必ず 神様の栄光を体験します

私が欲しいのはそういうものであって
私がやりたいことに神様が愛を示して
くださるだけでは正直 物足りないのです

自分がやりたいことをやりたいわけではなく
神様の栄光を現すことをやりたい

だけど神様は 私が願うことに栄光を
現すよと言ってくださっている

今までは与えられるだけの恵みだったのが
今度は私と神様との共同作業のような
恵みになりつつあるということを感じますし
今の状況も間違えなく 神様との歩みの上に
構築されているものなのです

兎に角 自分としては肉の思いであれこれせず
自然体でやっていける感じのものがいいので
自分の頑張りではなく 神様との交流により
物事を進めていければいいなと思っています

Pocket
LINEで送る