奴隷に戻りたがらない

Pocket
LINEで送る

今月末で仕事を辞めて3ヶ月になりますが
状況から見ても 神様からの示しを考えても
9月から動きがあると見ているので
その為の下調べや準備をしているのですが

先日のビジョンの共有を踏まえて その中の
いくつかのことについてりゅうくんにも
共有しておくことにしました

すると昨日の今日で またりゅうくんが
副業をするのはどうなのかと言うので
(昨日 やるべきではないと掴んだばかりなのに)

これだけ言ってもわからないのなら
そもそもで普通の会社は副業に対して
否定的な考えをしているものだから
会社としてどうなのか聞いてみたら?と言いました

しかしその数分後 りゅうくんが
神様が 9月に事を為すのであなたは
何もせずにわたしがやることを見ていなさい
ということを示されたので

余計なことをして神様の邪魔をせずに
神様がなさることを期待して待とう
ということになりました

以前 りゅうくんがもう一年学校に行くと
言い始めた時に 私が働かなくちゃと
仕事を探そうとすると神様から
ストップがかかったことを思い出しました

あの時も本当に奇跡的にきちんと
必要が整えられたのですが
もしあの時に そうは言ってもと
神様を無視して働いたりしていたら
神様のご計画がストップし
敵の奴隷に成り下がっていたのです

私は力がないので神様が共にいなければ
一人で何も出来ませんからある意味幸いです
神様がやるなと言うことは出来ないからです

確かに 選択は人にありますが
神様に従い全てを忍耐するか
欲に走り労苦を背負うかの選択というのは

神様の恵みを受け御国に貢献するか
それとも敵の奴隷に成り下がるのかという
選択であることを忘れてはいけません

りゅうくんが 神様からの示しを受けて
気付くことが出来たことに感謝します♥️

Pocket
LINEで送る