神様に導かれる家

Pocket
LINEで送る

昨日の分を取り返すべく 今日はきちんと
出掛けよう ということになったので
数年前から気になりつつ行っていなかった
お店のモーニングに行ってみることにしました

そこは以前 引っ越し先候補としていた
建物の隣にあるのですが 行ってみると
少し暗い雰囲気で 何よりお客さんの層が
完全に違っていてアウェイ感がもの凄く
ここは私たちが通う場所じゃないね
と いうことが一発でわかりました

面白いことに 普段私たちが愛用する
お店では 私たちが神様に示されて
勉強していたり 調べたりしていることについて
他の席で話をしているのをよく耳にするのです

そういう意味で 候補としていた場所は
私たちが行く場所じゃなかったんだな と
再認識する時間となってしまい
本当は 聖書を読んだり文章を書いたりする
時間にするつもりが全く落ち着かなかったので
朝食だけ済ませてさっさと帰ってきました

今日は外で過ごそうと決めていたのに
ちょっと残念だったので 夕方に仕切り直しで
いつも行くファミレスに足を運んだのですが

隣の席で 今私たちがこれが次のステップかな?
と神様に尋ね求めている事柄について
話をしていたので 本当に面白いものだと思いました

そこでは落ち着いて聖書を読めていたのですが
ある程度読み進めると 朝落ち着かなかったため
QTをやり損ねていたことを思い起こされたので
QTをする とりゅうくんに言ってやり始めました

すると程なく 何故か目の前にいるりゅうくんが
メッセージを送ってきました

神さまにQ.T.しなさいと言われて
聖書を最後まで読ませてと僕は言った
神さまは いいよ と言った
そのあと すみこが Q.T.するといって
神様が語ったことば
「見よ。これが神にあるものである」

実は昨日りゅうくんに 人に何か言うなら
まず自分がやってその背中を相手に見せなさいと
言って怒っていたのですが それを早速
神様が 私を通してりゅうくんに示されたのか

と思い 思わず吹き出してしまいました

その後りゅうくんは 家に帰ってからも
たくさんの文章を書いてくれて
それは私にとって大きな喜びだったので

神様に導かれる家は本当に幸せだな と
とっても嬉しく思いました♥️

Pocket
LINEで送る