時を知る

Pocket
LINEで送る

先日の日記で書いた通り 何らかのプリンタを
買わないとだなぁと思ったのですが

りゅうくんに神様に聞いてくれる?と尋ねると
すぐに欲しいのなら買ってもいいよと言ってる
という微妙な答えが返ってきました

どういう意味だろう?と思いつつ下調べをしていたのですが
どうも落ち着かない感じがするので 神様に
あなたの平安の中で憩わせてください!と叫んで
寝室で祈っていると たくさんの語り掛けがありました

私の内にある何となく煮え切らない思いについては
同じような状況にあって 同じように
煮え切らない思いを抱えているだろう人のために
祈りなさい と示されました

すると 数人の姉妹について思うところがあったので
彼女たちのために祈ると心に平安が与えられました

落ち着いてふとカレンダーに目をやると
来月は誕生月なんだから9月に買う方が色々お得だし
自分への誕生日ということでいいじゃないか

という思いが与えられ 喜びがあふれました

成る程 それが「すぐに欲しいなら買っても良い」という
レーマの意味だったのかと納得しました

すぐに欲しいかどうかについては
勿論 どれだけのクオリティで印刷出来るか
早く見てみたいという思いはあるにはありますが
神様の時ではないタイミングで落ち着かないまま
買うことに比較したら全く大事なことではありません

それより神様の時をきちんと見極められるようになりたい!
ということを 以前から願い求めていたので
神様の時がはっきりわかったことがとても嬉しく思いました

また 去年はりゅうくんの誕生日にカメラを買い
今年は私のためにプリンタを買う ということが
お互いの賜物 役割をとても象徴的に現わしていて

りゅうくんは見たままをそのままに切り取り
私はイメージを出力するのだな と感じました

りゅうくんは神様に 自分の思いを一切入れることなく
そのままを書き表すようにと言われており

私は あなたの願うことは全て良いから
もっと祈りなさい と示されているからです

祈りの中で与えられたイメージを出力することは
預言者が与えられた言葉を書き表すのと
同じ意味を成すのだろうと思います

その絵を解き明かした言葉の方が大切ではあるのですが
私の場合は先にイメージありきなので
それを形にしないと言葉がついてこないのです

祈る対象や祈る内容が具体的にない状態で
祈りの絵を描くというのは実はかなりの
集中力を要することなのですが

最近 自分がやるべきことを邪魔されないように
という思いが与えられているので
モチベーションを維持出来るように
どうかお祈りをお願いします

Pocket
LINEで送る