古いものの終わりと新しい始まり

Pocket
LINEで送る

昨日 母の友人を駅に送り届けてから後
実家から回収してきたプロ用プリンタの
動作確認をしたのですが

いくつかの不具合が出てしまい
調べると修理もしてくれないそうで
買い換えるしかないということがわかり
かなり凹んでいました

というのも 同じ印刷グレードのプリンタを
新規で買おうとすると8万もしてしまうので
仕事で使っていた頃ならいざ知らず
今そのグレードを買うことは有り得ません

また テスト印刷をするために買った
インクも全て無駄になってしまったので
そういう意味でもかなり凹みました

本当は 写真印刷ショップに依頼して
印刷をするつもりだったのですが
注文する度に色の出方があまりにも
違い過ぎたので断念したのですが

これからは 家でプリントをする機会も
増えそうな気はしているので
何らかのプリンタは買うつもりです

マイナスをプラスにしてくださる神様に
今回の件をプラスにして頂けるように
祈り求めたいと思います

今日はりゅうくんの出勤時間が24時なので
実質的には一日家にいたのですが
3日間ずっと外に出っぱなしだったので
りゅうくんは 神学校の課題をしていました

私は折角の天気だったので布団を干したり
家の掃除をしたりしていましたが
ふと神様が 今回の件を含めて最近のことに
新しい示しを語られていることを思い出しました

以前は 食卓で祈ると神様とみつかいたちが
大掃除だ 戦いだといった雰囲気で見えて
食事は戦いの合間で鋭気を養う時間 という
感じがしていたのですが

最近の神様は農夫の姿で みつかいたちの仕事も
大掃除から 土を耕したり作物の面倒を見ることに
シフトしたようで 食事の時間は
農家の大家族が喜び楽しみながら
和気藹々と過ごす団欒という雰囲気に変わりました

また今までは 美味しい食べ物を神様がくださり
恵みによって生きていると感じていましたが

今日は 私が何かを作ったり買ったりする時に
自分の思いではなく 神様がこれにしなさいと
指示してくださったものを作ったり買ったりする時

私は神様の恵みを地に流す器として
用いられているのだ ということを
初めて実感し そういうことだったのかと
自分が与えられていた仕事に感謝をしました

またりゅうくんが書いてくれる物語からも
自分がどの様な立ち位置で 今何をしているのか
客観的に見ることが出来て
自分というのがどういう存在として
神様に創られたのか というのが
なんとなくわかってきたように思います

別にやることが変わったわけではなく
自分の主観の問題だけの話ではありますが
今まで噛み合っていなかった何かがやっと
噛み合って来たのかな と感じています

今日は りゅうくんが神学校の宿題の後に
物語を書いてくれたのですが
神学校の宿題の内容は 私が書いた日記と
同じテーマで締め括られていたので
こういう形で霊の一致があるのは
本当に面白いな と思いましたが

神様から語られることも それと共通しており
今 また新しいステージへと入っていく
時であるように感じています

勿論今度は物理的な意味ではなく
霊的な意味だと思いますが
広いところへ連れていく と示されたので
期待して 楽しみにしていたいと思います♥️

Pocket
LINEで送る