解放を願う祈り

Pocket
LINEで送る

最近起きていることについて 神様は
りゅうくんの物語を通して語ってくださいました

私たちそれぞれにある 神様が今取り扱いたい
問題点についてです

QTを通してそれは語られていますが
主観でそれを見ると そんなこと言われても
具体的にどうすればいいのかわからない
となってしまうのですが

物語は客観的にそれを見せてくださるので
言ってしまうと「どうすればいいの?」と
思ってしまうことこそが問題なのだとわかります

神様から最近語られ続けていることは
兎に角 何か悪いことが起きたときに
それは全部自分の責任だと負ってしまうことで

それは この世の考え方においては
正しくて良いもののように見えるのだけど
稚拙な哲学に過ぎない というわけです

そもそも人は神様と共に生きる前提で
欠けたままに存在しているわけですから
自分一人では良く生きることは出来ない
神様助けて というところに行くべきなのに
自己責任の罠に陥ってそこに行けないわけです

ですがその頑なな感じが自然の自分の思いだとは
到底思えないようなものなのです

ここ数日 物凄い自分を責める思いが来て
神様が これはもう終わったことだと
明確に示されたことが再び夢に出て来るなど
過去に引き戻そうとする力が物凄く働いていました

しかし 汚れたものよ黙れ 出て行けと命令しても
表現が難しいのですが 悪いものがぺろっと
剥けて分離しそうになるのだけど うまく
取り切れないみたいな気持ち悪さがあったのです

なので神様に 深い深い場所まで全て光を当てて
全てのゴミを取り去り聖めてください と祈りました
示されていてわかっているはずなのに
何故素直に従い切れないのか 本当に
気持ち悪くて仕方がありませんが

実は明日から3日間 りゅうくんがお休みで
丁度そのタイミングで母の友人が2泊3日で
泊まりに来るため 温泉やら観光地やらに
エスコートすることになっています

恐らくそこに霊的な大きな解放があると感じており
ここ数日のイライラは 素晴らしいことが
起きる直前の霊的攻撃であって
私たちの内側の問題から 完全な解放が
あるだろうことを期待しています

数日前から何枚かの絵を描いているのですが
1枚目は 古い羽を抜き新しい羽で大空を駈る鷲
2枚目は 鳩のように留まってくださる聖霊
そして今日描いた3枚目は 兄弟の和解の絵でした

そしてこれらの絵は 外側の誰かの為ではなく
私たち自身のためであると感じています

明日以降の3日間 神様に心から期待をします♥️

Pocket
LINEで送る