神様により取り戻す領域

Pocket
LINEで送る

今日は病院の日でした
以前は2ヶ月に1度の通院でしたが
妊活に入ったので 毎月になったのです

今回の検査では甲状腺なども調べましたが
問題はなく 妊娠して良いということを
改めて強調して言って貰えました

いくつかの薬を中止したこともあり
全てが良いわけではないのですが
食事制限の方向性にアドバイスを貰ったので
また少し食事を変えてみようと思っています

親身になって 的確な指導をしてくれるし
何より前向きなので 本当にこちらに来て
良かったなぁと改めて思いました

今回から薬が変わるので いつもなら
翌日以降に行く薬局にも当日のうちに行きましたが
新しく処方された薬がなかったそうで
午後に改めて来てほしいと言われました

思ったより早く終わることが出来たので
この時間ならまだりゅうくんが寝ているから
急いで帰る必要もないな と思い
午後2時には閉まってしまう近所の
和菓子屋に立ち寄りました

その近くには父方の祖父母までが入るお墓があり
子どもの頃は節々で必ず立ち寄るお店でしたが
両親と父方の実家はとても仲が悪かったので
親が群馬から川崎へ引っ越した頃からは
来ることもなくなっていた場所でした

多分30年ぶりぐらいに訪れたので
お店の様子も味も全く覚えていませんでした

当然お店の人も入れ替わっているでしょうから
初めてに等しいのに久しぶりというのも
何とも不思議な話だと思いました

幸い りゅうくんが好きなみたらし団子が
出来立てで まだ温かかったので
急いで帰り りゅうくんを起こしました

最近神様が微睡みの中で 全てが新しくなった
ということを何度も何度も繰り返し
示してくださっているのですが

最近 過去のトラウマになっていた事から
殆ど解放されていることに気付きました

今になって思うと トラウマというのは
心の傷を敵が責め続けるから
いつまでもネガティブな思いが
消えないのだとわかります

傷が癒されてしまえば敵の嘘は
自分には聞こえなくなりますが
聞こえないからと言って敵を放置すると
周囲の人たちを使って傷を思い起こさせようと
敵が騒ぎ立てるので 自分の霊的環境を
綺麗にしないと問題から解放されません

自分の足で立ち闘えるまで癒して貰うことと
権威を取り戻して貰うまでは神様の領域ですが
取り戻した権威で敵を退けることは
人に与えられた責任です

以前の私は よくよく考えてみると
色々な辛い思いや母への気遣いなどが
邪魔をしてこのお店を避けていたのです

しかし今日 立ち寄ることは何の特別感もなく
ただ美味しい和菓子をりゅうくんと食べようという
自然な思いにより 近所の和菓子屋に立ち寄っただけです

この「自然」なことは 全然当たり前ではなく
神様が居てくださり 取り戻してくださった
自然なのだということを強く感じ 感謝をしました

(この感謝こそが 敵への一番の打撃なのだそうです)

りゅうくんを夜勤に送り出してから
水キムチ作り 明日の食事の下準備をして
絵の撮影と編集をしていたのですが
遅い時間にまた大雨が降ってきてしまいました

程なくりゅうくんから 仕事が終わったと
連絡があったので迎えに行きました

そう言えば昨日は 仕事が終わった ではなく
何時頃に終わりそう という連絡だったから
希望的観測ってそういうことか と思いつつ

昨日の今日で やり直しをさせてくださる
神様は本当に優しいね と二人で感謝をしました

Pocket
LINEで送る