高いレベルへの引き上げ

Pocket
LINEで送る

今日は母を病院に連れていく日でしたが
東京の教会で 神学校で講師をしておられる
ロバート・ヘンダーソン師のセミナーがあり
りゅうくんは一人で東京に行くことになっていました

起きてすぐにふと目にした
ジョイス・マイヤーアカウントの投稿に
とても心に刺さるものがありました

それは 不平不満を言うことは罪であり
どんな状況でも感謝しなさいというものでした

実は りゅうくんを会社に送る時に
ある特定の交差点に来るといつも決まって
イラッとする光景に出会い つい
文句を言ってしまってからはっとし

この角に霊的な問題があると気付いて
祈るということが続いていたのです

いつも 文句を言ってしまってから
気付いて祈っていたので 悔しかったのですが
霊的な問題にやられて毎回罪を犯しているんだ!
と思い 物凄く深い悔い改めに導かれたのです

勿論 文句というのはそれ以外にも
細々言ってしまっていたので それら全てを
悔い改め 思いを守って貰えるよう祈りました
(殆どが運転中だったことは特筆しますが
その原因となっているものも思い出したので
それについても祈りました)

すると どう表現すれば良いかわかりませんが
町中を走っている時に目に入ってくる
情報などにまで全て良い意味で影響があり

今まで不快に感じていたものが目に入らなくなり
今まで感じたことのない愛しさを感じました

敵はいつでも人の目を良いものから逸らさせるため
攻撃を仕掛けて来ますが 悔い改めの祈りにより
それが完全に踏み潰せたのだと感じました

ところが 母を病院の前に期日前投票に
連れていくことになっていたために
母が(いつものことなのですが)政治家の
悪口を言い始めてしまいました

早速 折角掴んだ勝利を奪いに来たなと感じ
すぐに電車に乗っているりゅうくんに
メッセージで守りの祈りをお願いしました

祈りは大変シンプルで 2人して
黙れ 静まれと言った(書いた)だけですが
その直後に(投票が終わったこともあり)
母は楽しい話題だけを話し出してくれました

お昼の時間になり りゅうくんがきちんと
お昼を食べているか 一人きりでいないかと
ちょっと心配をしてしまったのですが
この件についても悔い改めることになりました

行くときに りゅうくんには交通費と
食事代の現金を渡してあったのですが

午前中の終わりの献金の時に 神様から
お昼代を献金するようにと示されたため
えっどうしよう と思ったら (献金は)
後で良いよと追加で示されたそうです

この日はある姉妹に渡して欲しいものがあり
牧師に預けて来てと頼んでいたため
お昼休みに牧師を訪ねると お昼ご飯を
奢っていただいてしまったのだそうで

示された通りに献金しても大丈夫だった!と
悔い改めて 小銭まで全額献金してきたそうです

その話を聞いて 必要を全て備えてくださる
神様に感謝したのですが よく考えたら
心配したのは不信仰だった(心配せず祈れば
よかったのに!)と気が付き 悔い改めました

今日の件はどちらのことも 今までより
高いレベルへと引き上げられたことを感じる
出来事だったので とても感謝すると同時に
この意識を引き戻されないようにきちんと
啓示を管理する必要を感じました

思いの領域と口を守って頂けますように

Pocket
LINEで送る