神様の号令

Pocket
LINEで送る

今日は うちにとって新しい始まりとなるような
大きな出来事がある日でした

危うく 神様があげられたのろしを
私がまた無下にしそうになったのですが
そんな私の失敗をも神様は全てフォローしてくださり
守りの中に居れることを本当に感謝します

りゅうくんが昨夜 どうしても解決出来ないと
思っていたことに解決の糸口を見出だしたそうで
神様の義(この場合は神様からやりなさいと
示されたこと)に生きる時 本当に必要は
全て満たされると感じ 感謝をしました

また 私の失敗の原因となっている
敵の訴えがどの様な内容であるのかも
霊に感じ 打ち破りの祈りが出来ました

昼間に疑問に思ったことは夜には答えがあり
道が整えられていることを感じました

祈りの答えが目に見えて現れる前は
本当にこれでいいのか という思いの中で
心の中心辺りから平安と共に沸き上がる
神様の示しを信じて進むしかないという思いでしたが

それが形となって現れたのを見ると
自分自身が以前よりも神様に向かって
心を開いていることを感じました

神様は 距離感を縮めるために全てを
用意されたのではないかといつも思うのですが

今日 語られたことは私にとって
新しい神様の側面だなぁと思いました

愛する澄子 私は長きに渡り数多くの
愛するものを一人一人導き育てました

それは何か計画のためでしょうか

子を愛し育てることは計画のためではなく
その子のために計画をもって
編み上げるのではないでしょうか

わたしはあなたをどの様なものであるか
最も詳しく知る者です
わたしがあなたを創り上げたからです

あなたの心も願いも全て知っています
あなたが忘れ去ったとしても
わたしが忘れることはありません

あなたを成長させるのはわたしです
わたしについてきなさい

わたしについてきなさい というレーマを語られたのは
りゅうくんに告白された時以来 2度目です

それが具体的に何を意味するのか 今は
全くわかりませんが ただ神様は本当に
一人ひとりを最愛の我が子として
育てられる神なんだなぁと思いました

いつでも一緒に居てくださって感謝します と
毎日のように賛美を捧げていますが
これからは 喜び躍りながら今日もついていきます!
になるのかなぁと思いました

Pocket
LINEで送る