必要は備えられている

Pocket
LINEで送る

今日は 朝になりちょっと心配なことがあり
予定より早く産婦人科を受診しておこうと
(紹介状を貰うために)かかりつけ医に
連絡を取ったのですが

色々な兼ね合いがあって思ったよりも
すんなりと受診をすることが出来ました

実は今日が本当の受診予約日だったのですが
薬が足りなくなってしまったために
一週間前倒しで受診をしていたのです

電話をすると今日の予約が残ったままだったそうで
キャンセルを取り消すので時間通りに来れば
すぐに診察出来ますよ と言われたのです

待つときは数時間待たされることもあるので
備えがあったことに驚き 感謝をしました

行ってみると ついでに先週やらなかった
検査もしてしまおうと言われたので
結局1時間は待つことになったのですが

結果は良好でしたし 早くに産婦人科に行くならと
今後の管理方法や方針についても教えてくださり
急に物事が動き出したなぁと感じました

その後 母の家に行き食事と休憩を挟んで
(りゅうくんが夜勤なのでお昼寝が必要なのです)
ブルーベリー狩りに行きました

帰宅し りゅうくんは神学校の課題をやり
私はお弁当を作っていたのですが
その課題の中で 自分の人生で信仰が働いている
領域を5つ書き出すというものがあったそうで
意味がわからないのだけど と言います

預言されたり 神様はこうしてくださると
信じていることで 実際に現実になっていることだよ
と 噛み砕いて課題の意味を説明してから

結婚生活や家族の回復という領域は
一番の信仰が働いている領域でしょう?と
今まで何があったかを順を追って話しました

その中で りゅうくんが私(たち)が幸せも
子どもも授かると思って信じて疑わないから
この生活が守られているのだということを
きちんと言葉で伝えることが出来ました

今までも何度も言っているのですが
神様がやっていて自分じゃない という態度で
なかなかわかってくれなかったのです

神様が言うのだから為るに決まっていると
自然と思えてしまうことが多いので
同意する私たちがいるから神様の預言が
地に実を結ぶのだという 神様と自分の関係について
よくわからないというのは
過去の自分もそうだったのでよくわかりますが

私から見て りゅうくんは本当に神様に
愛されているなぁ と思う事柄である程に
りゅうくんの自覚がないことがわかりました

神様は 本人が気付かなくてもいつでも
愛を注いでいてくださるということかもしれません

ともあれ 課題でもなければこの様な話を
する機会もなかったと思うので本当に感謝ですし

全てが必要な時に備えられていることを
色々な意味で 大変強く感じる1日でした

本当に 心から感謝をします♥️✨

Pocket
LINEで送る