愛されていることを受け入れる

Pocket
LINEで送る

今日はQTの中で 自分がどれだけ
神様がくださろうとしているものに対して
心を許していなかったかを
実感するような啓示をたくさん受けました

信仰の通りになるとはよく言いますが
しかし私の場合 間違えなく神様は
私の間違えた思いを打ち砕いて
ご自身のみ恵みを私に受け取らせようと
働きかけてくださるので
そういう意味では 私の信仰の通りにではなく
神様の良さの通りに全てが進んでいると思います

今回は りゅうくんはそれを受け取っていて
私に渡そうとしているのに 私がそれを
受け取り拒否している という図式を
思いっきり目の当たりにしてしまい

りゅうくんが正しかったのにごめんねと
悔い改めて 受け取る覚悟を決めるという
一日となりました

すると私の中で 神様とイエスさまと聖霊さまが
何かを作り替えているような感じがしたのですが
その時に 初めてやっとイエスさまが全て
背負ってくださったというのがこういうことだと
わかったように感じました

まだ自分はイエスさまに救われたことを
受け取らずに自分で自分の責任を背負おうとして
委ねきれていなかったのだと心から実感すると同時に
自分の内の罪悪感が消えたことを感じました

手放します!と何度宣言をしても
全く拭い去れなかったものでしたが
手放すことではなく 受けることが
鍵だったのだと気付きました

この事に気付けたのは昨日の映画を含めて
りゅうくんが受け取り流そうとしてくれるからで
それが神様とりゅうくんの心であるということに
本当に感謝をしました

Pocket
LINEで送る