りゅうくんによる霊的カバー

Pocket
LINEで送る

今日は朝から色々な意味でりゅうくんの調子が悪く
その状態からどう脱するかについて
(勿論 打ち破りと解決の祈りをした上で)
いくつかの提案をして どうするかは
神様と相談して決めてね と言いました

りゅうくんの(霊的な)調子が悪いと私に
ダイレクトに影響があるので若干不機嫌になりつつ

りゅうくんにきちんと祈ってる?と言うと
祈ってないと思っているの?と言うので
声に出して祈ってない!と突っ込みを入れました

心の内の願いなどは心で祈ってもいいですが
打ち破りの祈りは 敵に聞かせる目的なので
声に出して祈らなければ力がありません

改めて 声に出して私のために祈ってと言うと
健康に関する祝福の祈りをしてくれたのですが
その祈りに物凄く力があるのを感じたので
やっぱりりゅうくんは私のカバーリングをする
権威があるのだなぁと思いました

その後 必要が生じたこともあり
気分転換も兼ねて外に出ることにしましたが
そこでやっと りゅうくんが朝に提案した
解決策について意見を言い始めたので
出て来て良かったなと思いました

その後 早めの夕飯を食べてから
自宅に一番近いスーパーに立ち寄ったのですが
あまり見ないながらも 私が好きだった食材が
売っていたので喜んで買って帰ってきました

家に帰ると りゅうくんが5分だけ寝る
と言って寝てしまいましたが その横で
買ってきた食材の下処理をしながら

やっぱりこのスーパーが一番好きだな と思うと
突然神様が 私のその思考に被せるように
「澄子が大好きなスーパー」と仰ったので
びっくりしましたが 神様の語ることの
続きを聞こうと黙る(思考を止めて耳を傾ける)と
神様が この様に語ってくださいました

あなたはわたしの名でそれを求めなかったが
それにも関わらず わたしはそれを与えた
ましてや わたしの名により求めるものを
与えないはずがあるだろうか

あなたが求めることを恐れるのは
過去に 求めたことを全て壊されたからであり
あなたはその事を通して求めない方が
得られるということを学び身に付けた

しかしあなたは求めていないだろうか
むしろ 確実に手に入る方法を模索し
貪欲なまでに求めている
(だからこそ 求めないという方法を得てしまった)

その貪欲さをわたしは愛する 何故なら
あなたが求めるものは良いものばかりだからだ

これらの他にも色々なことを語られましたが
求めることを肯定的に語られたことで
自分の内にあった迷いが全て吹き飛びました

また そういえば引っ越すとしたらこのスーパーの
近くがいいなと思ったことがあったことを思い出し
勿論 感謝はしていましたがそれだけではなく
神様がこの様な思いで答えてくださっていたのだと
わかったことで 感謝の意味合いが少し変わりました

神様が語り終わり その余韻を味わっていると
りゅうくんがセットしていたタイマーが鳴り
5分が過ぎたことがわかりました

起きたりゅうくんに 神様からこんなことを
語られたのだけどそれはりゅうくんの睡眠の質が
霊的に物凄く良いものだったからと思うのだけど
実際どうだったの?と尋ねてみると

眠る前にぼんやりと あべこべの世界があるとしたら
すべてを反対にするには時間を戻すしかないなと思い
それから夢を見たのだそうですが

ある人の 家族に囲まれて幸せな笑顔が
スタートだったそうです

そして 段々若くなっていくのだけど
そこには笑顔がなかったそうですが
しかし老後の笑顔を見ていたので
大丈夫だよと声をかけたそうです

それは 私たちの終わりをご存知の神様の視点であり
また私(たち)に与えられた預言じゃないか と思いました

その夢(幻?)と 私が語られたことには
深く関係があったと思いましたし

りゅうくんが 神様と繋がっているときに
とても大きな霊的な恵みを受けるということを
改めて強く実感しました

また 実は最近 QTを通してイエスさまから
神様に求めることや 与えられると信じることについて
まだまだ委ねきれていないと指摘されて
どうすればいいのーと祈り求めていましたが

レーマにより語られたことで確信を持てたこと
また今の状況を神様の視点から理解出来たので
神様から語られていたのにも関わらず
人からの否定的な意見により迷いが生じていたことに
明確な方向性を与えられたことに本当に感謝でした♥️

Pocket
LINEで送る