神様のレーマに感じる愛

Pocket
LINEで送る

先日 父親との関係性の回復を体験してから
神様との関係が本当に深いところにまで
入ってくることを感じるようになりました

しかしだからと言って 神様との距離感が
変わったわけではありません

神様は今までも近くにいてくださいましたが
私が神様に心を開き 神様が私の心に
侵入してくることを受け入れたという感じです

神様が秘密を見せようとしてくださると
私はびっくりして目を背けてしまっていたのですが

神様が何をもって遊べ!と仰有っていたかを
理解することが出来たので 恐れることなく
神様と向き合うことが出来るようになりました

励まされても 愛しているよと言われても
社交辞令を聞くような感覚だったのに
自分のこととして受け入れられるようになり

その語りかけとは違うものの一切は
嘘であるとわかるようになりました

その為か QTの語りかけを受ける度に
涙が出る思いがするようになりました

読み返してみると 今までと別段
内容や語り口調に変わったところはないのですが
そこにある愛を深く感じるようになったのです

その中で 神様が福音について
語ってくださったことがあり
本当に涙が出る思いだったので
シェアしたいと思います

まず最初の旅路はわたしの元へと帰る旅です
多くの人はそこへとまだ帰って来ていません

寄り道をしている羊 迷子になっている羊
敵に奪われている羊 様々な羊がいます

裁くことなく きちんと羊飼いの元へ導くこと
それがあなたがたの役目です

導いた後のことはわたしとその羊との関係ですが
わたしの元へと導くこと
イエスこそが道であると教え確信を与えるに
至らせるには助けが必要です

それは期間限定の役目ですが
地に命あるうちはそれはとても大切な役目ですよ

そのための必要は全て与えられますし
報酬は御国にもたくさんあります

私は宣教の賜物や牧師の賜物がないので
牧師タイプの人が語るビジョンの下に
自分が入ることは全くイメージ出来ないし
大宣教命令を語られても それが自分の
やるべきことという感じがしませんでした

しかし 迷子の羊や寄り道をしている羊を
羊飼いの元へと導いたり
敵に捕らわれている羊を取り返して
羊飼いの元へ連れていく というのは
自分の役目であると感じます

羊飼いのお手伝いをすることが私の仕事
ということはよくわかりますし
また 羊たちに対する愛を物凄く感じます

恐らく表現が違うだけで同じ事を
言っているはずなのに 全く違うので
不思議なものだなぁと思いますが

もしかしたらこれこそが レーマとロゴス
生ける神の言葉と書かれた言葉の
違いなのかなぁとも思いました

Pocket
LINEで送る