自分の役割を知る

Pocket
LINEで送る

今回の滞在にあった大きな出来事のひとつに
朝の教会でのQTや Facebookで様子だけ知っていた
ミニストリーのミーティングに参加した
ということがありました

特にQTは GW中ということもあって
普段に比べてかなり大人数が集まったようですが

多くの人と共に礼拝堂で祈り 共に賛美をしてから
同じ聖書箇所を読んでQTをするというのは
普通にQTをするのとは違うなぁと思いました

QTのシェアを聞いていていつも思うのは
多くの人が 愛を語られているということです

しかし私のQTは どちらかというと
教えや気付きの要素が多いので
恐らく浮くだろうなと思っていました

ところが 実際にその様な状況でQTをしてみると
これ 私に向けてなのか?と思うような内容まで
幅広い層をターゲットにしたような
丁寧に教え諭すような啓示になったのです

いつもなら わかる人にしかわからないような
ラフな感じのメッセージなのですが
まるでコンテンツを考え抜いてきちんと
清書したかのようなきちんとした文章でした

あまりに硬い文章過ぎて 書き終えてから
本当にこれでいいの?と何度も聖霊様に
確認を取ってしまう程だったのですが
その理由は啓示のシェアを始めてすぐにわかりました

私が受けたものは 他の人の啓示を
フォロー(補足)する内容だったのです

勿論人のためだけではなく 私にとっても
恵まれる内容ではあったのですが
たくさんの人とQTをすると 自分の為だけではなく
それをシェアする人にも向けられた内容が
啓示されるんだな ということがわかりました

預言も 多くの人が聞く中で預言をしていると
聞いている周りの人が個人的に掴みたい内容に
なることがよくあるので
同じ様な感じなんだな と思いました

尚且つ 私が何となく思っていた
「多くの人は 愛してるよーって感じなんだけど
あまりそういうのないから大丈夫かな」という
よく分からない気遣い?について

わたしの愛を知らないものがどうして
わたしのことを人々に教えることが出来よう

また わたしがその人を造り 地に置き 任命しているのに
わたしがその人を愛さないわけがあるだろうか

と語られたのですが 私にはこれは
愛してるよと言われる以上に愛を語られていると
感じましたし また「愛しているなんて
言うまでもない」と言われているのだと感じました

要するに 愛しているよという表現ではなく
私に対して最もわかるように愛を語られていたんだ
と いうことを理解することが出来ました

それからもうひとつの出来事
ミニストリーのミーティングです

駅前でトラクトを配る活動をしている
兄弟姉妹がいることは知っていたのですが
そのミーティングの近くにたまたまいたら
混ざっていいよ と言って貰いました

しかし話を聞くことで 私が置かれた場所と
東京は全く時が違うということを
強く感じることになりました

私が繋がっているのは広尾の教会ですが
私が今置かれているのは群馬の高崎です

実は東京にいた頃は人に証を伝えると
とても興味を持ってくれて
聖書を読んでみるね だとか
どこの教会に行けばいいの?という
話にまでは持っていけたのですが

今の場所では神様の証をすると
そんな話を聞くと神様がいるのかも
しれないって思っちゃうね
でもそれはそれで置いておいて
こんなに順調な人生を送っている
ラッキーなあなたがいてくれて
場を明るくしてくれていることが嬉しいよ

という言われ方をしてしまうのです
霊的な土台が全く違うのです

しかし 東京でトラクトを配る人たちの
ミーティングに参加した時に 物理的にはともかく
私は霊的にはこちらにいるのだ ということを感じると共に
霊的にどの様な関わり方をしていけばいいかを
祈ろうという思いが与えられました

私は完全にサポートするだけのつもりでしたが
しかしその日 私自身にも実りがあったのです

なんと 私のブログを見たという方が
教会に来てくださったのです

教会には月に1度しか行っていないのに
お逢い出来たことは奇跡ですし
たくさんお話が出来て お祈りをすることも出来たので
本当に楽しく 幸せな時間を頂くことが出来ました

置かれている場所は離れていますし
高崎にもいつかリバイバルの炎が届くことは
勿論信じていますが 今は東京の時であり
離れた場所にいながらも ブログと祈りを通して
自分がやるべきことが出来ているんだ
ということに気付けて大変励まされました

またその体験をした後に ミーティングに参加した時の
リーダーが話していた言葉の重みが理解出来たのです

私は神様に示されたことをただやっていて
思いも神様が与えてくださるという日々を送っており
それは 自分にとって当たり前のことになっていますが
決して当たり前のことではないんだなぁ
と思う滞在となりました

また それを通して自分が神様にどのように導かれて
自分とりゅうくんがどのような方向へ向かっていたのかも
理解することが出来ました

りゅうくんも神学校に入ることを決めることが出来たし
私は出産のために会社を辞めるので ある意味
100%自分がやるべきことだけに集中出来るように
なるのだと思っており 今後が本当に楽しみです

全てのことに感謝します❤

Pocket
LINEで送る