歴史を知る

Pocket
LINEで送る

今日は 教会にイスラエルについて
知る機会があるということで
早朝から車を出し広尾に向かいました

兄弟姉妹の家に泊まらせて貰いつつ
今回は5/5まで滞在します

主旨自体は大変政治的なものだったので
詳細を書くことはしませんが

クリスチャンによるユダヤ人迫害の歴史を
回復するために 神様から頂いた啓示を
きちんと受け継いでいこう(要するに
人が作ってしまった政治的なものを
神の啓示で壊そう)というものでした

ホロコーストや十字軍などの いわゆる
学校で教えるような歴史的な出来事については
興味を持ち調べていた時期があったので
知っていましたが

キリスト教の内部でどの様なことが
行われていたかについては
全く興味がなかったので 今回の集会は
大変勉強になりました

先人が受け継ぎ伝えてくれた恵みを
受けるのであるなら
先人が犯した罪についてとりなすのも
受け継ぐ者の責任です

無知で無関心でいることは
最も愛から離れたことでもあります

正直 歴史や政治には興味がありませんが
神様がその様な領域でも人を召し
建てあげを行っていることを知れたことは
みこころであったように思いました

その活動自体に召されてるとは思いませんが
祈りにより支えたいと思います

Pocket
LINEで送る