神様に求め続ける

Pocket
LINEで送る

大きな素晴らしいことが起きる前には
必ずと言って良いほど霊的な邪魔が入ります

今回も いつもと同じパターンのトラブルが
起きたは起きたのですが なにせトラブルの内容が
全く同じなので いい加減慣れてしまいましたし

今回は何故か いつも敵の足掛かりになる人が
大変粛々とした態度でいてくれたこともあって
トラブルが大きくならず 最善と思えるような
方法が与えられてすぐ片付いてしまいました

今までとは全く違うレベルで大きな支えと
喜びがあることをとても強く感じていますが
りゅうくんは今回の件を 勝ち取りに行く という
表現をして 本当にその通りだと思います

日々戦いの連続ですが そこには間違えなく
神様が栄光を現そうと待機してくださっていると感じます

困難の中で神様を見付けて呼ばわると
こたえてくださる ということを感じるのです

今日は土曜日だったので夕方前には仕事が終わり
明るいうちにりゅうくんと一緒に
昨日予約をした不動産会社へ向かいました

ところが行ってみると 内覧予約をしていた
3号棟107号室が今日になり埋まってしまい
2号棟206号室であれば案内出来ると言われました

1階を強く希望していたのであれ?と思いましたが
神様は用意されている!という思いが与えられたので
2階が神様の備えなのかしら?と首をかしげつつ
2階の物件でも構わないので見に行きたいと伝えると
条件を聞かせてもらえれば他の部屋も探しましょうか
と言われました(内覧は3箇所ぐらい回るのが普通です)

しかし 本当にまず有り得ない程の好条件なので
この物件以外にはないと思う と添えた上で
考えていた条件を伝えると 確かに
この物件の他にはないですね という答えでした

なので2階でも構わない 勿論1階があれば
本当に良かったのだけど と言うと
管理会社に電話をして 1階に空く予定は
ないだろうかと尋ねてくれました

すると 1号棟の101号室が今月末に退去するので
来月下旬であれば入居可能だとわかりました

3号棟の107号室が1号棟の101号室になったので
神様はしんがりではなく先頭に置いてくださった
という思いが与えられ ぜひそこで!と伝えると
別の部屋ではありますが ほぼ同じ間取りである
2号棟206号室へ内覧に向かいました

行ってみると 細やかなところまで
こういう物件だったら嬉しいなぁと思っていた
様々な条件がほぼ全て満たされており
本当にここに住みたい と思いを新たにしました

しかも3号棟の目の前にはお墓があったのです
1号棟は少し奥まっているためそれは見えません
霊的にも神様に守られたことがよくわかりました

しかし まだ全てが終わったわけではなく
業界で一番厳しいという噂の保証会社の
審査を通らないといけないのだそうです

今回は敢えてりゅうくん名義で申し込みをしたので
審査が通るようにどうかお祈りください
(最近思いが与えられて信用について祈り始めたのは
この伏線だったのか と思いました)

また初期費用についても 月を跨いでしまうため
webで見た条件と変わってしまう可能性があり
交渉はしてみるけどどうなるかわからないそうで
想定していたよりも倍近い仮の見積を出されたので
これも 必要が満たされるようにどうかお祈りください

先日 私が神様に 新しいことについてこれをください!と
求める祈りをしたように りゅうくんにとって神様に
これをください!と祈る対象がこの物件かもしれません

必要は 全て神様により備えられると信じていますが
神様は 強く神様に期待をして求めて欲しい方です

勿論 私も祈り続けますが それ以上に
りゅうくんが 真っ直ぐ神様を見つめて
求め続けることが出来るように祈ります

Pocket
LINEで送る