祈りのポイント

Pocket
LINEで送る

今日はまた大きな前進がある一日でした
今まで神様から示されていたことには
更に奥深い御思いがあることを知ったのです

ある特定の事柄について 何故か知りませんが
複数の人から様々な角度で聞かされるので
とりなしをしろということなのかな?と
思って祈ると 神様は関わるなと示されるので
敵の攻撃に違いないと思って避けていたのですが

流石に聞き捨てならないと思うような話を聞き
りゅうくんに 神様にこの件について私は
祈るべきなのか聞いて欲しいとお願いしました

すると 示されたことは前半までは
私が示されていたのと同じく
それについてはあなたがどんなに祈っても
耳を貸さない というものでした

ところがりゅうくんはその奥にある
神様の御心を受け取ってくれました

その事についてではなく あなたのこととして
祈るのであれば聞く と神様は仰ったというのです

他人事にはお節介をするな
しかし自分のことであれば祈りなさい
ということであり それは
私の祈り方に思い違いがあるということです

実際 その後に自分のこととして祈ると
神様は 神様からの視点でその出来事を
どうご覧になっているのかを示され
その示しを聞いて これは人に対して
祈っても仕方がないことだと理解出来ました

神様は 人に自由意思を与えられているので
人が選んでしまった(良くない)事柄について
私がそれを選ばなくなるようにと祈っても
自由意思を尊重していないので聞かれません

ですが その事により私が嫌な思いをして
神様に向かって叫ぶなら
神様は背後の霊と戦ってくださるのです

また これは少し前に気付いたことなのですが
人が悪い霊的背景により願うことについて
叶えてあげてしまうと とんでもなく
醜いものを見ることになるとわかりました

汚れた霊が与える欲を満たすことは
その人を汚れた霊に近付けてしまうことなのです

自由意思は 神様により与えられた
尊い賜物ですからそれを無下には出来ません

ですが だからと言って黙っていなくてもいい
ということを理解出来たことは大きなことでした

しかしよく考えると りゅうくんについては
かなり神様に向かって叫んでいます

今回 りゅうくんには神様のその気持ちが
読み取れたから受け取ってくれたわけなので
りゅうくんはその側面において神様のことを
よく理解しているということなのかなと思いました

Pocket
LINEで送る