高くて細やかな神様の愛

Pocket
LINEで送る

今日は 母の買い物を済ませてから
東京の姉妹の家に泊まりに行きました

都合で 夕方過ぎに到着するように
動いていたのですが 流石に夕方は道が混み
カーナビが 今まで通ったことのない
迂回路らしきルートを示しました

するとそこは りゅうくんが以前
日雇いバイトで通ったことがある道で
こんな職場だった こんな道だったと
嬉しそうに思い出を語っていました

りゅうくんがこの姉妹の家に来るとき
まるで実家のような懐かしさと言うのですが
(実際 結婚したときに住んでいた場所から
10kmも離れていない場所ではありますが)

それだけではない何かがあるんだろうなと
いつも感じています

お昼ご飯が早かったのでとても
お腹がすいていた筈なのですが
到着して 最近あった話のシェアや
神様から示されたことを話していると
満たされて ご飯の準備そっちのけで
夢中になって話をしてしまいました

最近のQTでイエスさまが
サマリヤの女に話をした際 弟子たちが
食事をしてください と言うと
わたしにはあなたたちの知らない食べ物が
あるのです と仰るシーンを読んで

最近この満たしを感じていないなぁ
満たされたいなぁと思っていた矢先だったので
神様は本当に誠実で優しい方だなと思いました

また 姉妹には日記を1000記事書いたことの
お祝いを頂いたのですが それは気になりつつも
買うまでもないかと思っていたものでした

更には 会社のビンゴ大会で高級点心セットを
当てたのだけど 私が点心のことをfacebookに
書いていたからといって出してくれました

下手なお店に入るよりも間違えなく美味しい!
と思うような本当によいもので
本当に神様はなんて高くて細かいところまで
満たしてくださる方なのだろうと思うと共に
その様な神様の愛の通り管となってくれる
姉妹が与えられたことに本当に感謝しました

点心を姉妹と一緒に「美味しい~♥️」と言って
食べていると りゅうくんが本当の姉妹みたいと
言ったので 顔を見合わせて笑ってしまいましたが

うちの教会と同じ霊的カバーの元で学んでいるので
話が通じるのだと教えてくれたので
そういう意味では本当に近しい霊の家族なのだと
気付くことが出来ると共に もしかすると

今後はそのレベル(レイヤー)での学びや
繋がりが強くなっていくのかもしれません
それは 願い祈っていることでもありますので
その前味を味わわせて頂いていることにも感謝しました

感謝することがたくさんで 本当に嬉しいです
神様 ありがとうございます♥️

Pocket
LINEで送る