飽きることのないチャレンジ

Pocket
LINEで送る

先日 神様から受け取ったと思ったことが
間違えていた という話がありましたが

りゅうくん側にある「なんで間違えたか」
については 原因もわかり祈りだしましたが

今日はQTの中で 例え人が間違えた解釈をして
間違えた行動をして失敗したとしても
神様が発した最初の言葉が歪んだわけではない
ということを示されました

実は私は何か問題が起きると その前後も
全てまとめて「問題あり」と見てしまう
という癖があるのですが

神様はそれに対してもう少し吟味して
どの部分が間違えていて どこが合っていたかを
見分けて 正しい部分についてはきちんと
掴み直しなさいと示されていると感じました

神様が私の先祖の過ちの領域で
勝利を見せてくださろうとしている
ということは直感したのですが

私自身に罪悪感や恐れがあるために
そこを足掛かりとして敵の嘘が
入ってきてしまっているのだと感じたので
(その嘘をりゅうくんが掴んでしまったわけですが
招き入れたのは私の恐れだということです)

恐れを全て手放した上で 神様のレーマが
どういう意味であったかについて
改めて思いを巡らせてみました

すると いくつかの鍵となる知恵が
与えられたのですが しかしそれに対して
具体的にどうアプローチすればいいかの
情報が欠けていることに気付きました

今まで失敗に対してここまで詳細な
吟味をすることもなかったですし
まるで謎解きをするようで
とても楽しいやり取りだと感じます

この様なやり直しの機会をもって
私たちが自分たちの失敗により失望することなく
成長させようとしてくださることに感謝します♥️

Pocket
LINEで送る