神様の守り

Pocket
LINEで送る

ここ数日に起きていた 一見悪いことのように
見える出来事というのは 実は後に来る
大きな災いから私たちを守るための
出来事だったということがわかりました

丁度 今日のQT箇所というのが
イエスさまがユダの裏切りにより
祭司長たちに捕らえられるところでした

この直前の最後の晩餐で イエスさまは
ご自身が捕まるとき 弟子たちが散らされると
預言されましたが 弟子たちは皆
例え死ぬことになってもついていきますと
イエスさまに反論し訴えました

結果を言えば全ての弟子が預言の通りに
逃げ去ることになりますが

ここの箇所について もし逃げることなく
捕まって処刑されてしまったら
この後に起こるリバイバルのために
用いられることが出来なくなってしまうので
この時は全員 きちんと逃げて生き延びることが
神様の御心でご計画だったのだ という
考え方をすることも出来るわけです

また単純に 命を救うためだけではなく
その出来事を通して弟子たちの心の成長や
今後の動機付けにもなっていきます

神様が為さることというのは
神様との関係性を必ず
良い方向へと向かわせるのです

実は 今回の件を通してまたひとつ
先祖が犯した罪のことを思い出したので
神様は本当に 私たちを用いて
先祖の呪いを打ち砕くために
事を起こしておられるのだなぁと思いました

解き明かすためのヒントとなるものも
方々から同時進行で示されていることでも
今起きている事が神様から出たものだと
本当によくわかります

どんなにマイナスに見えてもその先には
大きな打ち破りと御恵みがあることを
本当に感謝して期待したいと思います♥️

Pocket
LINEで送る