全ての領域でイエスさまを受け入れる

Pocket
LINEで送る

今日は朝起きた時にふと 以前教会で牧師から
「首(頸動脈辺り)に激痛が来たのだけど心当たりある?」
と言われ 普段あまり気にしていないけど常に
その場所が痛いことを告白したことがありました

あまりにも痛みが日常的になりすぎて誰かに
祈ってもらおうとも思ったことがない場所でしたが
その事に 今朝思いが与えられたのです

赦しと癒しは密接に関係がある ということを
先日教会の姉妹から学びのシェアをして貰いました

癒しが起きないということは赦しを受け取っていない
ということを意味する ということです

であるとしたらこの首の痛みは一体どんな
赦しを受け取っていないために痛むのだろうか
という思いが与えられたのです

結論から言うとその原因はわかりませんでしたが
その事に思いを向けると それだけで
首の痛みが和らぐことを感じました

それで首だけではなく 体のあちこちにある
全ての痛みについて同じように祈りました

以前は確かに 自分が過去にやってしまった
人に対する冷たい態度であるとか
誠実とは言えなかった態度について
自分を責める思いがあったのですが
敵の嘘に同意をすることを辞めることで
自責の念自体は消えていきます

しかし自分を責めるのをやめることは
マイナスをゼロにすることです

悪霊を追い出せば御国は近いのですが
その後にイエスさまを受け入れなければ
御国に入ることは出来ないのです

御国というのは死んだ後に行く場所ではありません
イエスさまを内に迎え入れることで
今ここを御国にすることが出来るのです

勿論 かなりの領域でイエスさまのことを
受け入れているつもりではありますが
自分の中で癒されていない部分というのは
イエスさまがなさった贖いによって
自分が赦されているということを受け取ることが
上手く出来ていないことの表れだと思いました

特にその中で一番イエスさまの邪魔をしているのは
自分でどうにかしなくちゃ という思いなのですが
りゅうくんがそれを何とか止めようとしてくれるので
これが神様の御心なんだなぁと思います

昨日の夜 必要がありりゅうくんが撮った写真を
見ていると 最近の私の表情が本当に豊かで
3歳ぐらいまではこういう表情していたよなー
と思ったのですが

先日実家に行った時に 私は見なかったのですが
りゅうくんが母から私の若い頃や子どもの頃の
写真を見せて貰ったのだそうです

どうだった?と聞くとうーん という反応だったので
今の方がいいか と言うとそれはそうなのだけど と
前置きをした上で

なんか 大変そうだった と言われてしまい

それはその通りだけど と思う反面で
30代までで一生分の苦労を前倒しでやったから
あとはりゅうくんと神様に幸せにして貰う と
答えておきました

これから残る写真は全て 神様によって
喜びに溢れる写真になることに感謝します❤

Pocket
LINEで送る