パリサイ人のパン種を聖めるレーマ

Pocket
LINEで送る

Facebookにも書きましたが りゅうくんが
イチゴ狩りに行ってみたいと言うので
母を病院に連れて行く予定があった今日
病院帰りに足を伸ばして行って来ました

イチゴ狩り自体はとても良かったのですが
しかし実は ここ最近の霊的闘いの原因が
母から来るものであることが殆んどで
示される限りの祈りをしても尚 母が大変
頑なであることに若干疲れてきていたので
母の話を聞くのが嫌だなと思っていました

案の定 逢って開口一番 母が
私は花粉症に対して完全防備をしているが
あなたたちはどうだ と言い出した途端に
今まで全く症状がなかったのに突然
痒みと鼻水が出始めました

この様にして霊的なゴミを投げ込まれるわけです

花粉症という嘘のゴミを投げ込み症状を起こし
それに対して対処法を与えてお金を搾取する霊に
完全に同意してしまっているのです

神様が与えてくださる対処法に
喜ぶのなら良いのですが

母は喜んでお金を払い対処をして
それを制した気になり得意になって
対処法を教えようとしてくるので
それが霊的攻撃となってしまうわけです

私はお金を払いこの対策を買った と
得意気に話す人の背後にいるのは
お金についた汚れた霊であり
同じようにお金を使わせようとする
支配の霊となってこちらに来ようとします

こちらは 花粉症の霊を縛り上げることで
症状が出ないように自分を守っているのですが
母は私の上の権威なので 母がその様にして
ゴミを持ち込んでくると影響が強いのです

しかしこのようなケースについては
先日 イエスさまが母の背後の霊と闘われて
私たちのことを守ってくださっていることが
わかりました

ここ数ヶ月 母からずっと肌の保湿について
私があげたシアバターが良かったから
何故使わない このやり方を真似てみろと
しつこく煩かったので困っていたのですが
(こちらは仕事中に保湿が必要なので
シアバターではベタついてダメなのですが
何度そう言っても押し付けようとするのです)

それが母の思いによるだけではなく
背後にいる支配の霊が影響しているから
とても厄介であるわけです

ところが先週教会で 全くベタつきがない
高級な保湿オイルを頂いたのです
その時は 神様が肌につけるものの質を
変えるように促されていると思いましたが
家に帰り その事を感謝して祈っていると
イエスさまが母の背後の霊と闘ってくださる
ビジョンが見えたのです

私はこの件に対してイエスさまに
祈っていたわけではありませんでしたが
解決をくださいました

その結果 母は保湿について押し付けは
止めてくれたのですが
今度は花粉症になったわけです

更に言うと税金や政府についても
悪口や文句を凄く言ってきたのですが
聞いているとまるで聖書に出てくる
パリサイ人たちのようだと思いました

そして イエスさまがパリサイ人の
パン種に気を付けなさいと言われたのを
思い出しました

私はその様な親の態度に対して
「パンをくださいと言っているのに
蛇やさそりをくれる親がいるだろうか」
というイエスさまの御言葉を思い出し
親が蛇やさそりを投げ込んでくるのですが
どうすればいいのですかと思いました

しかも 本人は蛇やさそりを掴んで
これは薬だ これは素晴らしい知恵だと
良いものだと信じ投げてきているわけです

私は結構はっきり言う方なので
その様なことを言われても
間違えを指摘しますが
りゅうくんは黙ってしまいます

以前も書きましたが 黙ってしまうと
敵は同意したとみなしてこちらに来てしまいます

イエスさまが洗礼後の40日の断食後に
サタンから試みにあったときに 全て
御言葉を通してサタンを黙らせたように
論破する必要があるのですが
りゅうくんはそういうのが得意ではなく
母と逢った後はいつもやられてしまうのです

先週 教会で母から来る霊的影響から
完全に断ち切られて守られるように
お祈りをして頂いて とても
良い感じになったばかりだったので
神様 どうすればいいのですかと祈りました

すると朝に教会の姉妹が送ってくれた
とあるメッセージに答えがありました

メッセージの内容というよりは
メッセージにあったイエスさまの臨在に
答えがあったのです

そのメッセージを聴いている間ずっと
神様 母がこんな嫌なことを言ったんだよ
それで花粉症の症状が出ちゃったの
助けて!という子どものような思いが
心の中に響き渡っていました

この様に神様に訴えることを
聖書の原文では とりなしと書いてあります
どうすればいいのですかと尋ねた答えが
この子どものようなとりなしの祈りだったのです

またメッセージには 癒しの祈りに対して
謝礼を支払おうとした人に向かって
二千年前に支払いはもう済んでいるからあなたは
支払うことは出来ない と返したという
証を聞いたときに とても救われる思いがしました

(イエスさまがご自身の命で支払いを
済ませてくださっているので 私たちは
癒しに対して支払いをする必要はありません)

それは ひとつには母の背後の霊が
自分達でトラブルを投げ込んでいきながら
その解決でお金を巻き上げる霊であるので
それに対して神様の霊がどれ程素晴らしいかを
感じたということもありますし

聖書の神様を知らずお金を出そうとする人に
イエスさまの無償のあがないを受け取りなさいと
教える その愛に感動したのです

それは 正にイエスさまのレーマでした

神様の愛に触れて 神様の素晴らしさに触れて
それまでの胸のつかえが消え去りました

イエスさまは わたしの言葉を聴いたので
あなたたちは既に聖い と仰られました
イエスさまの生きた言葉にこそ救いがあると思いました

Pocket
LINEで送る