嘘つきの霊を締め出す神様の知恵

Pocket
LINEで送る

昨日 神様のみ言葉に対する飢え渇きと
それに対する答えとしてたくさんの知恵を
頂いたことを書きましたが

真理に目が開かれたことにより 私の中にいた
嘘つきの霊が留まれなくなったようで

最近幾度となく繰り返していた失敗について
感じる感情が全く変わったことに気付きました

嫌なことがあった時に感じるべき感情を
他のこと(=敵の嘘)で置き換えてしまうと
感情を感じ損なってしまうばかりか
敵の性質に染まってしまうということを
何度か書いてきましたが

最近 何度も何度も同じパターンで
失敗を繰り返しているのに なかなか
打ち破りが起きないので神様にずっと
叫び求めていた結果として 昨日の神様からの
知恵の油注ぎがあったのだと気付きました

その知恵により敵の嘘を見抜けるようになったので
敵が私に嘘をついても影響を受けなくなったため
敵が留まれなくなったように感じました

りゅうくんは私の弱い部分については
物凄く強くて 神様以外の霊的背景による発言や
人の思いによる発言に りゅうくんは全く
揺るがされたり影響を受けたりすることはないのですが

私は影響を受けてしまうのに最終的には
神様だけを選ぶので 神様を選ぶことに妙な
後ろめたさを感じてしまっていました

その部分に対して りゅうくんが受け取った
たくさんの知恵とレーマにより打ち破りがあったのでした

そして今朝また「最近起き続けていたパターンでの失敗」を
やってしまったわけなのですが その時に
今まで感じたことがない感情と胸の痛みを感じました

この胸の痛み 心に刺さったとげを抜くことが
今回必要な解放だと直感しました

その為にはこの感情を感じ切らなければならず
いつもなら(自分が悪いのだからと)黙って我慢するところを
何でこうなるの 神様!!!と叫びました

その時 今はその様に本音で叫んでも安全な場所にいて
自分も含めて誰も傷付かない ということを感じました

霊的に健全な場所というのはその様なのだと実感しました

本音を隠さなければいけないだとか
余計な気遣いをしなければいけないだとかいう
嘘の抑圧が本当に消えつつあるのだと感じました

Pocket
LINEで送る