神様のタイミング

Pocket
LINEで送る

今日は他教会の姉妹の家に泊まりに行ったのですが
姉妹が「神様からお寿司を用意するように示されたけど
りゅうくんの御祝いっぽいのでりゅうくんには内緒で」
と言ってくれました

私たちは私たちで 彼女の好きなお菓子の
ホワイトデー限定版を買ってお邪魔しました

行って蓋を開けてみると りゅうくんが物語を書き始めたのが
昨年の丁度この日だったということで
その日を選んで御祝の機会を与えてくださった
神様にみんなで感謝をしました

また私や姉妹にとっても「新しいことをスタートした」という
御祝だという感じがしたので 3人のことを御祝いしました

正直言うと今回は どうしてこのタイミングで行くのだろうと
全く意味が解らない程に 教会の行事とタイミングがずれていて
不思議だったのですが 神様は私たち一人ひとりを
とても愛してくださっているのだと深く実感できました

また 今学んでいることについても
姉妹が神様から示されて勉強しようと思いつつ
どこから手を付ければよいかわからなかったそうで
学んだことをシェアすることも出来ましたし

神様が 私たちに伝えたい情報を
しっかりと伝えて貰うことが出来て
神様により導かれた場所には神様が
素敵なものを準備してくださっているのだと
色々な意味で深く実感をしました

今回 この日に決めたのは外的要因があって
この日に決めざるを得なかっただけなのですが
神様からそこしか選択肢がなかった という状況に
置かれることは久々なので(自分の選択に任されることが
最近続いていたので)とてもほっとしました

他にも色々あったのですが 全てのことを
本当に 心から感謝します❤

Pocket
LINEで送る