良い管理者になるはじめ

Pocket
LINEで送る

今日はQTの中で 悪魔を追い出した時に
ただ自分の名が御国の書に書かれていることを
喜びなさい という教えについて語られました

勿論 悪魔を追い出すことで自分が偉くなったと
勘違いすることがないようにという
意味もあるのでしょうが

今日語られたことは 悪魔を追い出すことは
居るべきではない不法に居座るものに対して
出ていきなさいと言って それが出ていくのは
当然のことだから誇ることは何もなく

むしろ それがそこに居座ることを
ゆるすことの方に問題があるのだから
問題が無くなるだけなのに誇らないように
というニュアンスでした

例えばですが 家の中に泥棒がやってきて
なんでもどうぞと差し出した上に
泥棒のアジトとして場所を提供していたら
警察がやって来たときに共犯として
捕まってしまうでしょう

そういう状態にあった者の罪があがなわれて
泥棒に対する命令権利を預かっただけなのです

泥棒は 居直ったり脅したりしてきますが
後ろには絶対的な権威を持つ方がいるので
恐れることなく出ていけと命令しなさいと
仰有るのを その通りにしているだけなのに
自分の何を誇ることがあるでしょう

また泥棒は これはもうおしまいだと思うと
今度はあれこれ金品や良い話を持ち込んで
これをあげるから追い出さないでくださいと
誘惑をしてきます

それは勿論嘘なので手には入りませんし
もし誘惑に負けて 折角頂いた救いの約束を
蔑ろにしてしまったらどうなるでしょうか

私たちの日々の霊的な訓練というのは
この様なものであると神様は示された上で

私たちは敵にやられて壊された領域を
神様により修復し やり直すことが目的であり
敵が入ってこないように守るのは
ゴールではなく始まりであると示されました

敵を追い出してやれやれと息をついて
また敵と闘う ということではないわけです

私たちは自分達の領域にしっかりと垣根を持ち
管理をする者とならなければならないのです

神様から頂いた自由は 大袈裟ではなく
誘惑に興じることも含めて自由に使えます
神様は 人にそれをゆるされていることが
放蕩息子の喩えから読み取れます

しかし 私は神様の栄光を現すために
その自由を使う人生を歩みたいですし
神様以外に本当の意味で 私の心を
満たすことが出来る方はいません

敵の嘘に付き合っている暇はないのです

Pocket
LINEで送る